なでしこチャレンジのGK山根恵里奈(22=千葉)が、日本女子代表候補合同合宿最終日
    となった11日の紅白戦はチームで一番大きな声を出し続け、アルガルベ杯のメンバー入りをアピールした。

    187センチの長身を生かしたプレーで得点も与えず。
    「体が大きいから声がデカくなるんですよ。(体全体が)スピーカーみたいな役割をしてくれる」と笑った。
    「以前は余裕がなかったが、サッカーを楽しむことが少しはできるようになってきた」と、進歩を感じとっていた。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20130212-1083964.html

    9936je489


    【身長187cmの代表候補GK山根恵里奈、アルガルベ杯メンバー入りアピール】の続きを読む

    なでしこ佐々木監督が“夜の座談会”主催 

     なでしこジャパンの佐々木則夫監督が、夜の座談会を開いている。

     大分県内で日本女子代表候補合同合宿を行っている佐々木監督は
    「(代表が)初めての子と、久々の子とコミュニケーション談義をしているよ」と明かす。
    この合宿には4つのカテゴリーに分かれた76選手が参加し、佐々木監督が見る
    なでしこジャパンと、なでしこチャレンジは30人がいる。

     そこで、なでしこチャレンジのメンバーを中心に、まずは選手を把握することが主な目的だ。
    練習だけではなく、グラウンド外での様子もチェックしている。今回の合宿は若手、中堅主体の
    メンバーで臨む3月のアルガルベ杯(ポルトガル)に向けた選考会を兼ねているからだ。

     佐々木監督は選手たちをグループに分けて呼び、「なぜ今回のメンバーに選んだのか」
    「この前の試合はあのプレーが素晴らしかった」「10回のプレーのうち3回は光っていた。
    その3回の可能性を見て呼んだ」などと、一人ひとりに声をかける。

    「談義」と言いながらも、実際は「俺の一方的な話で終わった。でも笑いは4回取ったぞ」
    と苦笑いの佐々木監督。選手たちからの反応はまだ「頑張ります」とおとなしいものが大半だが、
    則夫流の人心掌握術で新生なでしこをまとめてくれそうだ。

    東スポWeb 2月11日(月)16時14分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130211-00000314-tospoweb-socc
    20130211-00000314-tospoweb-000-0-view


    【なでしこ佐々木監督“夜の座談会”を開催…「初めての子と、久々の子とコミュニケーション談義をしているよ」】の続きを読む


    ノリさん前言撤回!U19道上&美南を“飛び級”招集へ 

    大分市内で行われていた年代別日本女子代表候補の合同合宿は11日に全日程を終了し、佐々木則夫監督(54)が
    U―19代表候補のFW田中美南(18=日テレ・ベレーザ)とFW道上彩花(18=常盤木学園)のアルガルベ杯
    (3月6日開幕、ポルトガル)招集を熱望。合宿を通じたパフォーマンスに合格点を与え、想定外だった飛び級招集へ
    調整する意向を示した。

    合宿最終日になって佐々木監督が前言を撤回した。下部年代のチームづくり優先でU―19、U―16代表候補からの
    アルガルベ杯招集は繰り返し否定してきたが、打ち上げ直後に態度が一変。「絶対必要ないと思っていたが、伸びている
    子に経験させるのもU―19に戻っていい経験になる。(U―19代表の)吉田監督と話を詰める」と訴えた。

    その気にさせたのはこの日、なでしこジャパンとチャレンジの選手をミックスして2チームに分けた紅白戦。
    U―19代表候補で2人だけ特別招集された有望株だった。パスミスを奪って自ら持ち込み、左足でシュートした
    田中美は速さとリズム感あふれるプレーで存在感を示した。1メートル70で強いフィジカルを誇る道上は2人と
    競り合ってゴールに迫るなど力強さを発揮。いずれも不発ながら、前日の練習後に「僕の心を揺るがしている」と
    2人を絶賛していた指揮官は「美南は動きながらのボールコントロールがいい。道上は深さを持ってキープする。
    2人にはアルガルベに行く力があった」と称えた。

    突然の2トップ引き抜き案にU―19代表の吉田監督は一瞬戸惑いながらも「チャンスをもらえれば本人たちに
    悪いことではない」と前向き。14年U―20W杯予選を兼ねたU―19アジア女子選手権を10月に控えて
    “完全移籍”には否定的だったが“レンタル”で経験をU―19に持ち帰ればチームにもプラスになる。

    続きは>>2-5あたりに
    スポニチ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/02/12/kiji/K20130212005176300.html
    U-19からなでしこジャパンの試合に参加し佐々木監督に評価された道上(左)と田中美が
    石碑のボールをシュート Photo By スポニチ
    G20130212005176050_view


    【佐々木監督、U-19代表候補の田中美南&道上彩花をアルガルベ杯でなでしこジャパンに飛び級招集する意向を示す】の続きを読む

    このページのトップヘ