ラモス瑠偉「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから」

    ビーチサッカーW杯アジア予選で準優勝した日本代表が27日、カタール・ドーハから帰国した。
    ビーチサッカー日本代表は、2005年から始まったW杯に7大会連続出場となるが、
    直近の4大会はラモス瑠偉監督(55)が指揮している。
    25日の決勝ではイラン代表に6-6からのPK戦(4-5)で惜敗しアジア予選3連覇は逃したが、
    ラモス監督は「よくやったよ。皆さん、ほめてあげてよ。サムライだった」と満足げだ。

    実は、ラモス監督と日本サッカー協会の監督契約は毎回、予選と本大会ごとに交わされる。
    本大会はことし9月にフランス領タヒチで行われるが、「本大会で監督をやるかどうか分からない。
    これから? お酒を飲んでパァーっと盛り上がる」という状況である。
    日本協会では「ラモスさんにお願いする方向で決まっている」としているが、
    ラモス監督の本当の希望は11人制の監督。
    日本協会関係者も把握しており、これから本気で口説かなければならない。

    日本はビーチW杯の常連国だが、ラモスジャパンの最高位は09年(ドバイ)のベスト8。
    「アジアのレベルでも相当な強化をしている」(ラモス監督)というだけに、
    監督続投のキーポイントは協会側のバックアップ体制といえる。

    「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから。
    日本人になった期間は短いけどオレは日本人だよ」と、どこまでも熱いラモス監督。
    この日も、選手団の中でただ1人だけ日の丸のついたジャージーを着て到着した。

    いまどき、これほど日本代表を強烈に意識するサッカー関係者は、ほかに見当たらない。
    今回のビーチW杯が終われば、いよいよラモス監督は本格的な“蹴活”に入る。
    (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20130129/soc1301290710000-n1.htm


    soc1301290710000-p1.jpg
    【ラモス瑠偉「日本で戦争が起きたらオレは戦う。だって日本人なんだから」】の続きを読む

    なでしこジャパン、アルガルベ杯の生中継決定!WBC侍ジャパンと視聴率対決


    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20130126-1076716.html


     なでしこジャパンVS侍ジャパン!? サッカー女子日本代表の参加する3月アルガルベ杯
    (ポルトガル)が民放で生放送されることが25日、明らかになった。日本協会の関係者によると、
    TBSとフジテレビが放送するという。ロンドン五輪が注目された昨年とは違い、世界規模の大会
    がない中での地上波中継。ましてや同時期に行われる野球のWBCにぶつける格好だ。あらためて、なでしこの存在の大きさを証明した。

     五輪イヤーが終わっても、なでしこのパワーは不変だった。来月8日からの代表始動を前に、
    うれしい知らせが舞い込んだ。日本協会の関係者は「今年も放送してもらえることになりました。
    これでまた1人でも多くの女子サッカーファンに応援してもらえる」。3月のアルガルベ杯を昨年
    同様、TBSとフジテレビが放送することになった。

     同時期には野球のWBCが重なる。テレビ局にとっては簡単な決断ではなかったはずだ。
    放送時間こそずれる可能性はあるが、なでしこの1次リーグA組初戦ノルウェー戦(3月6日)は、
    WBC予選第1ラウンド「日本-キューバ戦」と同日。なでしこのドイツ戦(8日)デンマーク戦
    (11日)も、WBC第2ラウンドの日程と重なっている。フジにとって、なでしこが魅力的な有力
    コンテンツとなっている証しだった。

    >>2 以降へ続く

    【なでしこジャパン、アルガルベ杯の生中継決定!WBC侍ジャパンと視聴率対決】の続きを読む

    日本のペレに!東京五輪招致委がなでしこジャパンMF澤穂希に“ラブコール”

     澤、ペレになれ?! 

    2020年夏季五輪の招致へ向け、東京五輪招致委員会がなでしこジャパンの発展に貢献したMF澤穂希(34)=INAC神戸=に対し、招致プレゼンター就任の“ラブコール”を送っていることが24日、分かった。

    16年リオデジャネイロ五輪では王様・ペレの参加が招致に大きく貢献。澤は25日に始動するINACでの競技生活を最優先する見通しだが、ピッチ外でもエースとなるか注目だ。

     ブラジルが「王様」なら、日本は「世界の女王」を切り札にしたい。東京五輪招致委員会のあるメンバーは、遠回しの表現の中に、澤のプレゼンター就任を熱望する思いをにじませた。

     「(澤は)現役アスリートなので、スケジュールの問題があるが、(プレゼンターを)やっていただけるかも含め、調整していただいている段階だと思う」

     澤は25日、INAC神戸で始動する。「なでしこジャパン」入りも目指す多忙なシーズンが始まるが、それを承知の上での“ラブコール”だ。

     澤は招致アンバサダーの初仕事として、7日に大会の開催計画の詳細を記載した「立候補ファイル」を国際オリンピック委員会(IOC)に提出。10日にはロンドンで会見し、英語でのスピーチも披露した。

     別の招致委員会スタッフは「スペイン、トルコはIOC委員など上の方だけの出席だったが、日本は澤さんや(パラリンピアンの)鈴木(孝幸)さんと競技者が現地に行った。本格的な招致活動の『キックオフ』としては、よかったと思う」と好感触を得た。

    5月のスポーツアコード会議(ロシア)を皮切りに、最終決定する9月7日のIOC総会(アルゼンチン)を含め、国外でのプレゼン機会は4度。9月の最終プレゼンを第1希望に、招致委員会は「女王登壇」の可能性を探る。

     昨年のロンドン五輪は元イングランド代表MFベッカムが招致プレゼンターを務め、16年リオデジャネイロ大会はペレが招致に尽力。

    国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長(76)もIOC委員を兼任し、知名度のある現役サッカー選手の影響力は大きい。11年、世界年間最優秀選手賞に輝いた澤に、ピッチ外でも大仕事が待っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130125-00000000-sanspo-spo

    【日本のペレに!東京五輪招致委がなでしこジャパンMF澤穂希に“ラブコール”】の続きを読む

    このページのトップヘ