ワールドカップ


    「W杯有料放送ダメ」とEU最高裁、FIFA&UEFA放映権バブル弾けるか
    産経新聞 2013年8月17日(土)16時12分配信

     国際サッカー連盟(FIFA)と欧州連盟(UEFA)は、どうやら新たな“金もうけ”の機会を失ったようだ。欧州連合
    (EU)の最高裁判所に相当する欧州司法裁判所は先月18日、英国内におけるワールドカップ(W杯)と欧州
    選手権の完全有料放送は違法だとして、FIFAとUEFAの上告を棄却した。

     事の発端は2011年。下級裁判所の欧州一般裁判所が国民的に関心の高いW杯と欧州選手権は無料放送
    されるべきスポーツイベントのリストに入るとの判断を示した。

     この判断は、W杯や欧州選手権の全試合を無料放送するように命じたものではなく、準決勝、決勝や自国が
    関係する試合などに限ったものと解釈されたが、FIFAとUEFAは「無料放送分以外の試合のテレビ放映権を
    市場の適正価格で自由に売ることが難しくなる」と反発。より高額な放映権料を手にすることができる独占的、
    包括的な有料放送契約を可能にするべく、上告していた。

     W杯や欧州選手権のテレビ放映権料は大会ごとに高騰。放映権ビジネスはFIFAやUEFAにとって巨額の
    収入を生み出す“打ち出の小づち”となっており、2010年W杯南アフリカ大会では、FIFAは少なくとも20億ドル
    (約1930億円)のテレビ放映権料収入を得たとされる。

    >>2につづきます。

    Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130817-00000544-san-socc


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1376735620/
      【「W杯有料放送ダメ」とEU最高裁、FIFA&UEFA放映権バブル弾けるか】の続きを読む


    FIFA会長「国全体は冷やせない」22年W杯冬開催を提案へ

    国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は17日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会の
    開催時期を夏から冬に移すことを10月の理事会に提案する考えを明らかにした。酷暑が懸念される夏場の
    中東でサッカーの祭典を開く計画は、変更を強いられる可能性が高まった。

    カタールは競技場を冷房で冷やす計画で、同会長は冬開催に否定的だった。しかし、AP通信などによると、
    オーストリアのゴイングで開かれた会議に出席し「競技場は冷やせても、国全体は冷やせない」と述べた。
    最近の医学調査で、夏開催の安全性に疑問が生じたためという。

    カタールは夏開催を主張し、10年に日本や米国などを抑えて開催地に決まった。招致の前提となる開催時期
    の変更には立候補した他の国の反対を招きかねない。これまで冬開催を求める声も出たが、日本サッカー協会
    の田嶋幸三副会長は「簡単には受け入れたくない」と語っていた。

    冬場は有力選手の多くが所属する欧州主要リーグが行われる。日程見直しを求められる各リーグにとっても
    大きな問題となるが、ブラッター会長は「調整する時間は十分ある」と話した。(共同)
    [ 2013年7月18日 09:57 ]

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/07/18/kiji/K20130718006242980.html


    saved_quote_image_264110

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374111523/
      【FIFA・ブラッター会長「競技場は冷やせても、国全体は冷やせない」…2022年W杯・カタール大会の冬開催を提案へ】の続きを読む


    サッカーのコンフェデレーションズカップが開かれているブラジルで、政府や来年に控える
    ワールドカップ(W杯)開催に反発する抗議デモが沈静化の兆しを見せない。デモの参加者は
    治安部隊と衝突を繰り返すなどして一部が暴徒化。矛先はコンフェデ杯やW杯を主催する
    国際サッカー連盟(FIFA)にも向けられるようになっている。 (コンフェデ杯取材班)

    ロイター通信などによると、ブラジルが優勝した1994年W杯米国大会のエースストライカーで、
    現在は下院議員を務めるロマーリオ氏もW杯開催に反対の声を上げた。複数の地元紙の
    ウェブサイトにビデオメッセージの形で出演したロマーリオ氏は「ブラジルの本当の大統領は
    FIFAだ」と揶揄(やゆ)。そのうえで「スタジアムを建設するお金があれば、たくさんの学校を
    建てることができる。ブラジルはW杯の開催が決まってから、レールを踏み外した」との自説を
    展開した。

    ブラジルのスポーツ相が記者会見で「米国、イングランド、日本、ドイツがW杯の代替地と
    なることに意欲的だ」と発言したとされる報道も。

    FIFAはすぐさま火消しに走り、バルク事務局長は「世界中のどの国からも正式なオファーはない。
    (ブラジルの)人々はFIFAがやってきて、もてあそんで、何も残さずに去っていくと考えているようだが、
    私は何も恥じていない。FIFAはブラジルのためになることをしているんだ」と強く反論した。

    ある意味、今回のデモはW杯や五輪といった大イベントが一部先進国を除いた国や地域で
    開かれる際の“通過儀礼”ともいえる。

    前回W杯開催地の南アフリカは、かつての人種隔離政策の名残や高い犯罪率などの
    問題を抱え、ブラジル以上に開催能力に疑問符をつけられていた。W杯前年には
    スタジアム建設作業員らによる大規模なストライキも発生。それでも、大会は成功し、
    南アフリカ大会組織委員会のジョーダン専務理事(当時)は「黒人と白人の垣根がなくなり、
    国がひとつになれた」と力説していた。

    サッカー王国ブラジルも南アフリカにならうことができるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000123-san-socc


    TKY201306200602

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372491212/
      【サッカーW杯前の“通過儀礼”? ブラジルの不満、FIFAも標的】の続きを読む


    イランサッカー協会が、韓国の観衆がペットボトルを投げ込んだとして国際サッカー連盟(FIFA)に提訴をしたことを一歩遅れて知らされた。

    イランのサッカー専門メディアのペルシアンフットボールは24日、「イランサッカー協会が18日に蔚山文殊(ウルサン・ムンス)競技場で
    開かれた2014年ブラジルワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦の韓国との試合後、韓国観衆が自国選手に向かって
    ペットボトルを投げ込んだことに関してFIFAに提訴した」と報道した。このメディアは
    「イランサッカー協会が、観衆の危険な行動に対する主張を裏付ける証拠文書を添付してFIFAに送った」と付け加えた。

    韓国観衆は18日、非マナーサッカーを繰り広げたイランに0-1で敗れた後、イラン選手たちにペットボトルを投げ込んだ。
    イラン選手たちは自国の国旗を振って競技場を飛び回るなどして観衆たちを嘲弄し、原因を提供した。
    またイラン代表チームのカルロス・ケイロス監督は韓国戦の後、韓国代表チームのチェ・ガンヒ前監督に向かって
    拳を突き上げるなどの常識外れの行動をした。

    またこれに先立ちケイロス監督は、チェ監督がウズベキスタンのユニホームを着た合成写真をつけたTシャツを着て撮った写真が
    公開されて論議を起こしていた。韓国サッカー協会もカルロス監督の“拳”ジェスチャーに抗議する公文書を19日FIFAに送った。

    2013年6月24日 14:13 (中央日報日本語版)
    http://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=1915089

    PYH2013061813020005700_P2

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372072054/
      【イランサッカー協会、ペットボトルを投げ込んだ韓国観衆をFIFAに提訴】の続きを読む


    韓国サッカー代表チームは蔚山文殊競技場で18日、2014ブラジルW杯アジア地域最終予選A組
    でイランとの最終戦を行い、0-1で敗れた。

    韓国代表はイランに負けたものの、得失点差で8大会連続となるW杯本大会出場が決定した。
    試合に関連し、イラン代表のケイロス監督が試合終了直後、韓国ベンチに向かってガッツポーズを
    行った行為は問題だとして、複数の韓国メディアが相次いで報じた。

    韓国メディアは、「ガッツポーズなどのマナー違反が見られたケイロス・イラン代表チーム監督
    をFIFAワールドカップに報告」、「ケイロス監督、韓国のベンチに ガッツポーズを見せつける醜態」、
    「ケイロス監督のガッツポーズ論議、サッカー協会は競技レポートを書いてFIFAに提出することに」
    などの見出しで伝えた。

    審判の試合終了のホイッスルが鳴ると、ケイロス監督は韓国ベンチに向けてガッツポーズを放つなど、
    イランの非礼なマナー行為は度が過ぎており、眉をひそめるものだったと非難した。

    試合前にもケイロス監督は、韓国のチェ・ガンヒ代表監督がウズベキスタンのユニフォームを着た
    コラージュ画像をプリントしたTシャツを着用し、挑発していたと指摘。
    一方、これに先立ち、試合前にチェ・ガンヒ監督は、昨年10月に韓国代表がイランで遠征試合をした際、
    ビザ発給や練習場のコンディションなどで「冷遇を受けた」として「イランの方が嫌いだ、
    ウズベキスタンと一緒に本大会に行きたい」などとインタビューで答えていた。
    これに対して、ケイロス監督は、イラン側は最高の設備を提供していたとして、チェ・ガンヒ監督に謝罪を
    求めていたことが報じられていた。

    ケイロス監督とイラン代表選手の行動について、大韓サッカー協会の関係者は「競技監督官と審判の
    両方がこの行動を見た。この試合をレポートに書いて国際サッカー連盟(FIFA)に提出する」と述べたという。

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013;d=0619&f=national_0619_014.shtml

    20130618231104300

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371622496/

    つづく


    【非礼なマナー行為は度が過ぎている…敗れた韓国、イラン監督のガッツポーズを「マナー違反」としてFIFAに報告へ】の続きを読む

    このページのトップヘ