プレミアリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    ゴールへの並々ならぬ意欲を見せた。所属するマンチェスター・ユナイテッドで出場機会に恵まれず、
    今季いまだノーゴールのMF香川真司。公式戦での最後のゴールは昨年9月10日に行われた
    日本代表のガーナ戦(3-1)までさかのぼる。
    「こんなに長い間、点が取れないのは初めて」。そう語る日本代表の10番は5日のニュージーランド戦(国立)に向け、
    「試合を楽しみにしているし、代表としてW杯も近いので中身のある試合にしたい。
    個人的にも試合を楽しんで、やっぱり結果を残したい」と力を込めた。
    2月25日の欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦・オリンピアコス戦に後半15分から途中出場したが、
    この試合も1月22日のキャピタル・ワン杯準決勝第2戦のサンダーランド戦以来、
    実に約1か月ぶりの公式戦出場だった。ベンチ入り、ベンチ外を繰り返すなど、
    所属クラブでかつてない苦境に立たされている香川は、だからこそ今回の代表戦を意味のあるものにしたいと考えている。
    「試合に出続けることが選手にとって大事だし、それは当たり前のことだけど、どうしようもない部分もある。
    それはピッチで結果を出さないと得られないものだし、ポジティブに捉えて、
    次の試合がそのきっかけになればいいし、それが無理だったら、またその次、がんばればいい」
    ニュージーランド戦で自分自身のきっかけとなるゴールを決めたい。そんな思いがひしひしと伝わってくる。
    舞台は改修工事前最後の代表戦となる国立競技場だ。「国立と言えば? 高校サッカーですね」。
    クラブチームのFCみやぎバルセロナユースに所属していたため縁のなかった高校サッカーをまず挙げると、
    「あとは天皇杯とか。代表戦はあんまりかな。韓国戦で途中出場して途中交代させられているので」。
    前半26分から途中出場しながらハーフタイムで交代となった10年2月14日の東アジア選手権・韓国戦の思い出を明かし、
    報道陣を笑わせた。
    (全文】
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00133260-gekisaka-socc

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393843383/
      【香川真司 176日ぶりのゴールへ意欲 「いい形でヨーロッパで戦えて、自信になった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    元イタリア代表のヴィアッリ氏「モイーズはイタリアならすでに3回はクビになっていた」

    SOCCER KING 3月1日(土)18時16分配信

     元イタリア代表のFWジャンルーカ・ヴィアッリ氏が、イギリス『BBC Radio 4』のインタビューで
    マンチェスター・Uのデイヴィッド・モイーズ監督について言及した。

     ユヴェントスやチェルシーでストライカーとして活躍し、現役引退後にはチェルシーの監督に
    就任したヴィアッリ氏は、イタリアとイングランドとの監督に違いについて「イタリアでは、
    結果だけで監督の仕事を判断する。プレミアリーグでは最初に2度や3度負けたからといって
    クビにしたりはしない。監督に対する理解がある」と語った。

     今シーズン、低迷が続くマンチェエスター・Uのモイーズ監督について訊かれたヴィアッリ氏は、
    「モイーズがセリエAで指揮を取っていたら、すでに、3回はクビになっていたと思う」とコメントしている。

     今シーズン、プレミアリーグでは8人の監督が解任されているが、セリエAではそれを上回る
    10人がクラブを去っている。現在、49歳のヴィアッリ氏は2002年にワトフォードの監督を
    解任されて以来、監督の職には就いていない。同インタビューではチームを率いてみたいという
    気持ちはあるものの、監督に対するプレッシャーが強すぎるためイタリアでの監督業には
    興味がないとも話している。

    元イタリア代表のヴィアッリ氏「モイーズはイタリアならすでに3回はクビになっていた」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140301-00171778-soccerk-socc


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393671473/
      【元イタリア代表・ヴィアッリ氏「モイーズがセリエAで指揮を取っていたら、すでに、3回はクビになっていたと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    モイズ監督の過ちは香川使わなかったこと

    英マンチェスター・イブニング紙(電子版)は27日、
    「マンU・モイズ監督が犯した10個の過ち」という記事を掲載。
    そのうちの1つ、「ビッグネーム選手を苦悩させた、使わなかった」
    の中で日本代表MF香川真司(24)について触れた。

    記事によると「香川の力を最大限に引き出すことができず、
    今夏に放出することは避けられなくなった」という。
    また多くの選手が期待を下回るプレーを見せており、
    ルーニーの調子が上がったことだけが、
    モイズ監督下での最良の出来事だったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000014-nksports-socc


    zW42QMV

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393576384/
      【モイーズ監督の過ちは 「香川を使わなかったこと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    モイーズ監督解任の可能性高まる 英紙報道、CL黒星で幹部考えに変化

     日本代表MF香川が所属するマンチェスター・ユナイテッドの
    モイーズ監督に解任の可能性が高まっていると、27日付の
    英紙デーリー・ミラーが伝えた。

     今季就任したモイーズ監督は、これまでクラブから
    全面的なバックアップを受けていたが、25日に敵地で行われた
    欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦で、
    これまで4戦全勝だったオリンピアコスに0―2で敗れたことで、
    クラブ幹部の考えが変わってきたという。
    サポーターの信頼も失っているということで、3月の
    国内リーグ・リバプール戦(16日)、欧州CLオリンピアコス戦(19日)、
    国内リーグ・マンチェスターC戦(22日)と続くホーム3連戦の結果次第では、
    解任される可能性もあるという。

     現在リーグ4位のリバプールとの直接対決に敗れると、
    来季の欧州CL出場圏の4位以上はほぼ絶望。
    オリンピアコスに敗れれば欧州CLで敗退となる。

     また同日付の英紙サンは、オランダ代表FWファンペルシーが、
    チームの現状を批判したと報道。「今の僕らはろくでもない。
    プレミアリーグはとんでもない順位(6位)だし、
    カップ戦(FA杯、リーグ杯)も敗退。欧州CLも難しくなった。
    僕らは落胆しきっている。厳しいシーズンだ」という談話を紹介。
    ファンペルシーは26日のオリンピアコス戦後に
    チームメートを批判する発言をしており、波紋は広がりそうだ。

    スポニチ:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/27/kiji/K20140227007679640.html

    Manchester United not sacking David Moyes but have grown twitchier after Olympiakos loss - Mirror Online
    http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/manchester-united-not-sacking-david-3185991

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393525751/


    【モイーズ監督解任の可能性高まる…CL黒星でマンU幹部の考えに変化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    不振が騒がれるマンチェスター・ユナイテッドだが、デイビッド・モイーズ監督の解任は考えていないようだ。
    一部イギリスメディアが伝えている。
    国内のカップ戦ですでに敗退しているユナイテッドは、プレミアリーグで首位チェルシーに勝ち点15差、
    チャンピオンズリーグ(CL)出場ラインとなる4位リヴァプールに同11差の6位と苦しんでいる。
    さらに、25日のCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでも、オリンピアコスに敵地で0-2と敗れた。
    アウェーゴールを奪うこともできず、3週間後のホームでのセカンドレグを前に、敗退の危機に瀕している。
    この状況に、モイーズ監督が解任される可能性を指摘する声も上がったが、複数のイギリスメディアによると、
    オーナーのグレイザー家やエド・ウッドワードCEOは、指揮官を信頼しているようだ。
    『デイリー・スター』は、内部の人間が「クラブは完全に彼を支えている。
    彼が去るなどと言うのはまったく下らないことだ。完全にナンセンスだよ」
    「今は移行の時期で、チームを再建するのに必要な時間が監督には与えられるだろう」と話していると伝えた。
    とはいえ、経営陣もこれほどの不振に陥るとは考えていなかったという見方もある。
    夏に大金を投じてのチーム大改革を予定しているとも言われるユナイテッドだが、
    モイーズ監督は残り3カ月で周囲を納得させる戦いぶりを見せられるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000006-goal-socc


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393474558/
      【モイーズ監督の解任はなし 「クラブは完全に彼を支えている」 : 英メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ