プレミアリーグ


    ファン・ペルシーがチームメートに不満を示す「スペースがない」
    日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーが、
    チームメートに不満を示した。オランダ公共放送『NOS』の内容をイギリス紙『ガーディアン』が伝えている。
    25日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、
    マンチェスター・Uはオリンピアコスに0-2で敗れた。試合後、ファン・ペルシーは
    「時々、僕が使いたいスペースを仲間が埋めてしまっている。
    だから、そのスペースに入ることができなくなってしまうんだ。スピードも調節しなければいけない。残念だよ」
    とコメント。自身のプレーが制限されていると主張し、チームメートとの連係改善を課題に挙げた。

    一方で、ファン・ペルシーはチームを率いるデイヴィッド・モイーズ監督を擁護。
    「彼は必死に頑張っている。もちろん、僕たちも同じだ。誰かを非難するのは簡単だけど、
    そんなことはしない。僕たちは安定して良いプレーを見せることができていないから、
    改善していく必要がある」と述べていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00171124-soccerk-socc


    【V・ペルシーが「仲間に邪魔される」と不満を示す。 そして、モイーズ監督を擁護】の続きを読む


    W杯ブラジル大会まで4カ月を切り、チームづくりも最終段階に入っている。
    日本代表の10番・MF香川真司(24=マンチェスター・ユナイテッド)は、
    出場機会に恵まれずに苦境が続いている。本田圭佑(27=ACミラン)も、
    思うようなプレーができるわけではない。毎月掲載の元日本代表監督イビチャ・オシム氏(72)の提言。
    今回も名将独特の視点で欧州組について語った。
    香川に問題があるのではないので、あまり心配していない。環境の変化に適応することは簡単ではない。
    ドルトムントではNo・1で、他の選手も若かった。気の合った仲間がいて、オートマティズム
    (指示がなくとも自動的にできるコンビネーション)が存在した。マンチェスターUでは、
    チームメートの大半が年上で、しかも有名選手ばかり。香川は準レギュラーから出発して、
    周囲に合わせなければならなかった。それに香川が新しい環境に慣れつつあったところで監督が交代したことも大きい。
    マンチェスターUは優勝争いをしていた4、5年前とは違う。香川の加入はチームの若返り戦略の一環だったが、
    その後の補強はちぐはぐな印象を受ける。現代サッカーでは運動量やスピードがますます必要。
    規律あるコンパクトな組織プレー、コンビネーションの質も上がっている。そのために若い選手が必要で、
    香川が必要とされる日は必ず来る。ベンチにいるからといって、失うものはない。
    むしろ試合に出て勝てないでいる選手たちの方が消耗する。時々、代表戦でプレーして、
    自分が香川であることを忘れていないことを確認しておけば問題ない。
    本人がドルトムントに戻りたいならそれもいいが、個人的な意見を言わせてもらえば、
    もう少し(マンチェスターUでの)挑戦を続けたらどうか。バルセロナでメッシが必要とされているように、
    モダンなプレーメーカーとしての香川が必要とされる時が来る。弱点があるとすれば、コンタクトプレー。
    イングランドにいる間にフィジカルを鍛えたらいい。若手と息が合うようになれば、チャンスは来る。
    大事なのは自信を失わないこと。現在の苦しみは、少年が大人になる時に熱を出すようなもの。
    必ず過ぎ去り、一回り成長する。欧州に来た時の大志を忘れず、チャンスが来た時の準備をしてほしい。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000073-spnannex-socc


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393381013/
      【オシムの提言「香川はマンUに残れ。ベンチでも時々代表でプレーしてればいずれ時が来る」】の続きを読む


    CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か

    マンチェスター・ユナイテッドは、25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のベスト16ファーストレグで
    ギリシャのオリンピアコスとアウェイで対戦する。
    ウィリアムヒル社のオッズを見てみると、ユナイテッドに2.25倍、ドローに3.25倍、オリンピアコスに同じく3.25倍と、
    ユナイテッド有利の配当となっている。
    そのユナイテッドは、22日のクリスタル・パレス戦で2-0と4試合ぶりの勝利を挙げてオリンピアコス戦に弾みをつけた。
    さらに、クラブと週給3000万ポンド(約5000万円)で2019年6月までの5年半という超大型契約で延長した
    ウェイン・ルーニーが、この試合で自身9試合ぶりとなるゴールを決めた事も朗報だ。契約延長とゴールによって、
    心身ともに落ち着いた状態で今後の試合に臨めるだろう。
    また、今季で退団を発表した主将のネマニャ・ビディッチが、英メディアに対して
    「私は本当に、我々がCLで特別な何かを出来ると信じている」と、語っていることからも、
    チームがCLに高いモチベーションを持っていることが分かる。
    そんななか、香川真司にとっては苦しい状況が続いている。パレス戦で2試合ぶりにベンチ入りしたものの、
    出場機会はなし。CLではフアン・マタがカップタイドによって出場資格が無いため、
    プレミアリーグよりは出場の可能性が高くなる。
    とはいえ、ここまで批判され続けているモイーズ監督にとって、汚名返上する唯一のチャンスがCLだけに、
    1月22日に行われたキャピタル・ワンカップのサンターランド戦以降、1ヶ月以上も実戦から離れている
    香川を起用する事は考えにくい。
    トップ下には引き続きルーニーが起用されることが濃厚だ。左サイドはヤヌザイと、
    パレス戦で先発を外れたヤングのどちらかが起用され、同じくパレス戦で先発を外れ、
    後半35分から出場したバレンシアが右サイドを務める可能性が高いだろう。
    http://www.footballchannel.jp/2014/02/25/post28037/


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393302117/
      【マンU、オリンピアコスと対戦。 監督の汚名返上チャンスに香川先発はない模様】の続きを読む


    FIFA公式サイト 香川の苦悩ぶりを報じる

     FIFAの公式サイトが6日、マンチェスターUの日本代表MF香川真司(24)の苦悩ぶりを
    伝えた。

     昨季はハットトリックをマークするなど素質の高さを見せたが、今季はまだ無得点。MFマタの
    加入で出場機会が減少する可能性が高く、自信はさらに失われていくと指摘した。欧州CLを
    生中継するスカパー!の独占インタビューの言葉を引用し「香川は今季の自分の姿に“凄く
    もどかしい”と認めている」と伝えた

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/08/kiji/K20140208007539590.html


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1391812318/ 【FIFA公式サイト 香川の苦悩ぶりを報じる】の続きを読む


    香川ドルト復帰か?英紙、マタ獲得で放出も…代理人は否定

     サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーから、スペイン代表MFマタを
    獲得することが確実なのに伴い、日本代表MF香川真司が放出されてドルトムント(ドイツ)に復帰する可能性が
    あると、24日付の地元紙マンチェスター・イブニングニュース(電子版)が報じた。

     香川の代理人クロート氏は英テレビ局スカイスポーツで「現時点で連絡はなく、(復帰は)単なるうわさだ。彼は
    残るだろう」と移籍を否定した。

     イブニングニュース紙はポジションが重なるマタと香川の写真を並べて掲載し「香川の将来にとって差し迫った
    脅威。モイズ監督はルーニー、ファンペルシー、マタを中心に攻撃を組み立てる構想だ」と指摘した。ドルトムントの
    ドイツ代表、ロイスとギュンドガンが交換要員候補に挙がっていることも伝えた。(共同)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20140124/pre14012421040009-n1.html


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1390572521/
      【香川ドルトムント復帰か?英紙、マタ獲得で放出も…代理人は否定】の続きを読む

    このページのトップヘ