プレミアリーグ


    マンチェスター・U、MFギグスの選手兼コーチ就任を発表
    SOCCER KING 2013年7月4日(木)19時18分配信

     日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uは4日、元ウェールズ代表MFライアン・ギグスが、選手
    兼コーチに就任すると発表した。

     ギグスはクラブ公式HPを通じて、「選手兼コーチに任命され、光栄だ。長年にわたり、選手として、そして
    マンチェスター・ユナイテッドのファミリーとして過ごした経験をもたらしていきたい。コーチ資格の取得を目指
    していることは周知の事実だし、これは自身の未来に向けての第一歩となる。デイヴィッド(モイーズ監督)と
    チームとともに働くことを楽しみにしている」とコメントしている。

     現在39歳のギグスは、マンチェスター・Uの下部組織加入以来、同クラブ一筋でプレー。2012-13シーズン
    まで、23シーズン連続得点を挙げ、今なお、衰えぬ活躍を見せている。

     マンチェスター・Uは、アレックス・ファーガソン前監督の勇退に伴い、デイヴィッド・モイーズ新監督が就任。
    ギグスは、モイーズ監督をピッチ内外から支えることとなる。

    SOCCER KING
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20130704/120903.html
    ▽選手兼コーチ就任が決まったギグス
    giggs-500x333

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372934653/
      【マンチェスター・U、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス(39)の選手兼コーチ就任を発表】の続きを読む


    ア・ボラは「イングランド・プレミアリーグのチェルシーは、スポルティング・リスボンの
    ポルトガルU-20代表FWブルマの獲得に向け、1500万ユーロを用意した」と報じた。

    先日報じられたとおり、チェルシーへの復帰が決定したジョゼ・モウリーニョ氏は、
    ロナウドの後を継ぐとも言われているブルマの獲得を熱望しているという。

    しかし、ブルマは世界的に大きな注目を集めており、2014年に切れるスポルティングとの
    契約の更新も現在は拒否しているため、移籍が濃厚になっている。

    そのため非常に競合するクラブが多く、チェルシーは当初500万ドルと設定していた予算を増額。
    ジョゼ・モウリーニョ監督の強い希望によって、現在ではそれを1500万ユーロまで上積みしているという。

    もちろん、スポルティング・リスボン側は自前のスター候補を18歳で引き抜かれるわけにはいかないと慰留に努めているが、
    SDを務めるブルーノ・カルヴァーリョ氏によれば「奇跡が必要だ」とのことだ。

    ア・ボラ
    ブルーノ・カルヴァーリョ スポルティングSD
    「我々は、これまで保護されていなかった彼の状況を解決するために、最善を尽くしている状況だ。
    不運なことだが、話し合いに達したのはわずか三ヶ月前だった。
    我々は落ち着いている。スポルティングの選手に興味を持つクラブがあるというのは、とても良いことである。
    それは我々の質の高さを意味しているからね。だが、奇跡は期待しないでくれ。
    全ての問題で最善は尽くしている。その一つが、ブルマの契約延長だ」

    http://qoly.jp/index.php/news/17388-20130703-bruma


    1331066678

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372827684/
      【モウリーニョ、ブルマの購入に向け1500万ユーロを用意か】の続きを読む

    このページのトップヘ