ブンデスリーガ


    清武 アストンビラのオファーに興味なし?“香川路線”でビッグクラブ入り狙う
    東スポWeb 2013年7月11日(木)16時0分配信

     次はビッグクラブ移籍だ。昨季の活躍から日本代表FW清武弘嗣(23=ニュルンベルク)には、名門
    アストンビラ(イングランド)が移籍金850万ポンド(約13億円)でオファーしたとドイツ誌で報じられた。
     一方で、清武はこんなプランを描いている。

    「弘嗣は昨季の成績に納得していないし、2年目はもっとやれると自信を持っている。世界的に注目の
    バイエルン(ミュンヘン)を相手に輝けばアピールにもなるし、来季のドイツで結果を出せば自ずとビッ
    グクラブから声がかかる、と本人も考えている」とは清武の関係者。

     ドイツ移籍初年となった昨季はロンドン五輪に参加。日本をベスト4に導き、“オフなし”でニュルンベ
    ルクに合流した。ただ限られた時間で開幕を迎えており、明らかな調整不足だった。それでも清武は
    チームの中心として奮闘したが、目標の10ゴールをクリアできず4得点(10アシスト)に終わった。

     そこで、今季は万全の状態でシーズンインを目指す。世界が注目する欧州王者Bミュンヘン戦で活躍
    し、公約の年間10ゴールを達成すれば、オファー殺到は間違いないと踏んでいるのだ。実際に、ドイツ
    でゴールを量産した香川がビッグクラブ入りを実現させており、清武も“香川路線”を歩む考えだ。

     すでにインテル(イタリア)やチェルシー(イングランド)が興味を示していると伝えられる。清武は次の
    ステップアップをビッグクラブと定め、ドイツ2年目のシーズンに臨む。

    東スポWeb
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/160623/
    ▽子供たちとミニゲームをする清武
    d715c6d71b28d0a5262fb4a921e2ee73

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373539325/
      【清武弘嗣、アストンビラのオファーに興味なし?“香川路線”でビッグクラブ入り狙う】の続きを読む


    ストライカー岡崎を評価 マインツ監督

    マインツのトゥヘル監督が、新加入する日本代表FW岡崎慎司(27)を
    ストライカーとして評価していると、6日付のドイツ紙ライン・ツァイトゥングが報じた。
    シュツットガルトでは中盤で使われることもあったが、同監督は
    「彼は本物のFWだと思う。そこで起用していく」と話した。
    岡崎は日本代表で高い得点力を発揮しており、それをマインツでも引き出そうとしていると伝えた。
    岡崎は13日にチーム練習に合流する予定。(中野吉之伴通信員)

    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20130707-1153559.html


    Getty%20Images

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373200667/
      【岡崎慎司をストライカーとして評価するマインツ監督「彼は本物のFWだと思う」】の続きを読む


    ゲッツェの失態でバイエルン赤面、スポンサーに謝罪
    AFP=時事 2013年7月4日(木)16時43分配信

     【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘンに移籍したマリオ・ゲッツェが、2日
    に行った入団会見で、チームスポンサーのライバル企業のTシャツを着て臨むという失態を早くも犯し、
    クラブに恥をかかせた。

     入団会見でゲッツェは、クラブのスポンサーである独スポーツ用品大手アディダスのライバル企業、
    ナイキのTシャツを着用して、カメラに向かってポーズを取っていた。

     バイエルンは10年間にわたってアディダスと高額のスポンサー契約を結んでおり、2020年まで契約
    が残っている。またアディダスは、欧州チャンピオンズリーグ2012-13を制したバイエルンの株式の9.4
    パーセント、額にして7700万ユーロ(約100億円)相当を保有している。

     同じブンデスリーガのライバルであるボルシア・ドルトムントから今季加入した21歳のゲッツェは、
    バイエルンの選手として初めて臨んだ記者会見で、自身の個人スポンサーであるナイキのロゴが胸
    に大きくプリントされたTシャツを着ており、これにクラブは顔を赤くした。

     クラブ広報のマーカス・ホーウィック氏は「アディダスにはすぐに連絡を取って謝罪した。あのTシャツ
    のおかげで、クラブはちょっとした騒ぎになった」とコメントした。

     ゲッツェのマネージメント会社もアディダスと連絡を取り、過ちを謝罪した。一方、ナイキ広報のオラフ・
    マーコフ氏はミュンヘンのアーベントツァイトゥング紙に対して、会見に臨むゲッツェの服装の選択に
    同社には一切関与していないとし、「私たちにそこまでの影響力はない」とコメントしている。

    Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000044-jij_afp-socc
    ▽ザマー氏とユニフォームを持つゲッツェはナイキのシャツを着用
    20130704-00000044-jij_afp-000-1-view

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372930731/
      【入団会見でゲッツェが着ていたのはライバル企業のTシャツ 失態にバイエルン赤面、すぐにスポンサーに謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ