2chサッカー


    アディダスがスパイクとソックスが一体化した革新的スパイクを発表
    ゲキサカ 2014年3月6日(木)20時3分配信

     アディダスは6日、「一歩先のフットボール」というコンセプトの下、フットボール史上初となるスパイクとソックスが
    一体化した『adidas Primeknit FS』(アディダス プライムニット FS)を発表した。

     同社は先日、世界初となるニット素材のスパイク『adidas Samba Primeknit』(アディダス サンバ プライムニット)
    を発表。今回の『adidas Primeknit FS』は、さらにその「一歩先」を体現した革新的なスパイクとなっている。

     ニット素材のスパイクとソックスが一体となった『adidas Primeknit FS』は、つま先からふくらはぎにかけて優れた
    フィット性を提供。より優れたボールタッチ感をもたらす効果があるという。素材となるニットには耐久性と軽量性
    に優れた糸を採用し、これまでにない柔軟性と快適な履き心地を実現。糸の1本1本が高精度のコーティング仕様
    となっており、どんなに過酷なコンディションでも確かな防水性を保証し、同時に従来のスパイクに劣らない安定性
    と強度も提供するとしている。

     ブラック、ホワイト、レッドの3色で生産される『adidas Primeknit FS』は、まだデザイン段階にあるが、アディダス
    契約選手と製品開発に向けた最終作業に入っており、年内にも実際にピッチ上で使用できるよう準備を進めて
    いるとのことだ。

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?134147-134147-fl

    news_134147_1

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1394113574/
      【アディダスがフットボール史上初となるスパイクとソックスが一体化した革新的スパイクを発表】の続きを読む


    [国際親善試合]W杯で日本と対戦の3か国、いずれも課題残す
    3月6日(木)10時38分配信

    国際親善試合が5日に各地で行われた。ブラジルW杯で日本代表と同じグループCに入ったコロンビア代表、
    ギリシャ代表、コートジボワール代表は、それぞれ課題を残す結果に終わった。

    グループリーグ初戦で日本代表と対戦するコートジボワール代表は敵地でベルギー代表と対戦。
    2点を先行される苦しい展開となったが、後半から出場のエース、FWディディエ・ドログバ(ガラタサライ)
    が追撃弾。後半アディショナルタイムにセットプレーから追いつき、2-2で引き分けた。

    ギリシャ代表はホームで韓国代表と対戦。持ち味の堅守をみせることはできずに0-2の零封負けを喫した。
    前半18分にDFラインの裏を取られて失点。さらに後半10分にはPAへの侵入を許すとMFソン・フンミン
    (レバークーゼン)に左足シュートを決められた。

    コロンビア代表はバルセロナでチュニジア代表と戦い、1-1で引き分けた。エースFWラダメル・ファルカオ
    (モナコ)を左膝靭帯損傷で欠くチームは、DFクリスティアン・サパタ(ミラン)、MFフレディ・グアリン
    (インテル)らがベンチスタート。控え組主体で試合に臨んだ。

    前半20分にMFビクトル・イバルボ(カリアリ)がGKに倒されて獲得したPKをMFハメス・ロドリゲス(モナコ)が
    決めて、コロンビアが先制に成功。しかし同35分に失点すると、その後はエース欠場の影響からか決定機を欠き、
    2度目の勝ち越しはならず。後半37分にはDFルイス・ペレア(クルス・アスル)がこの日2枚目の警告を受けて退場。
    10人で戦い、引き分けた。

    ブラジルW杯でグループCに入っている日本代表は、6月14日に行われる初戦でコートジボワールと対戦。
    同19日の第2節でギリシャと戦い、同24日の第3節でコロンビアと対戦する。

    Yahoo!ニュース(ゲキサカ) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00133333-gekisaka-socc

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1394073336/
      【W杯で日本と対戦の3か国、ギリシャがホームで韓国に敗れるなどいずれも課題を残す…国際親善試合】の続きを読む


    KIRIN CHALLENGE CUP 2014

     日本 4-2 ニュージーランド  [国立競技場]
    1-0 岡崎慎司(前4分)
    2-0 香川真司(前7分)PK
    3-0 森重真人(前11分)
    4-0 岡崎慎司(前17分)
    4-1 ウッド(前39分)
    4-2 ウッド(後35分)

    ◆ 日本  ザッケローニ監督
    GK 1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
    DF 5 長友佑都(インテル/イタリア)(Cap)
       6 森重真人(FC東京)
       21 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ) → 2 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)(後0分)
       22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    MF 4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
       9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ) → 8 清武弘嗣(ニュルンベルク/ドイツ)(後0分)
       10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) → 20 齋藤学(横浜F・マリノス)(後34分)
       14 青山敏弘(サンフレッチェ広島) → 7 遠藤保仁(ガンバ大阪)(後0分)
       16 山口蛍(セレッソ大阪) → 13 細貝萌(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)(後0分)
    FW 18 大迫勇也(1860ミュンヘン/ドイツ) → 11 豊田陽平(サガン鳥栖)(後36分)

    http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/soccer/japan/jpn_20140305_01

    KIRIN LOVES SOCCER:http://www.kirin.co.jp/csv/soccer/
    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1394024541/



    【日本、ニュージーランドに4-2勝利!岡崎2発香川森重 本田2アシスト、最後の国立に長友主将】の続きを読む


    バルセロナ一筋19年、主将のDFプジョルが今季限りでの退団発表
    SOCCER KING 3月5日(水)1時54分配信

     バルセロナに所属するスペイン代表DFカルラス・プジョルが、
    今シーズン限りでクラブを退団すると発表した。

     プジョルは4日、会見を開き、2016年まで結んでいた契約を解除し、
    今シーズン限りでチームを離れることで合意したことを明らかにした。

     4月で36歳となるプジョルは、1995年にバルセロナの下部組織に入団。
    1999年にトップチームに昇格し、2004年からは主将に就任。
    これまでバルセロナ一筋でプレーし、6度のリーグ制覇、
    3度のチャンピオンズリーグ制覇など、輝かしい成績を収めてきた。
    スペイン代表としても、ユーロ2008や南アフリカ・ワールドカップ制覇を
    果たしている。一方で近年は度重なる負傷に悩まされ、
    今シーズンはリーグ戦5試合の出場にとどまっていた。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140305-00172613-soccerk-socc

    Official FC Barcelona Web Site - Barca | FCBarcelona.com
    http://www.fcbarcelona.com/
    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393975515/
      【プジョルが今季限りでの退団を発表】の続きを読む


     得点に絡んだ新戦力の両サイドバック 石櫃洋祐、比嘉祐介

     今季新加入した石櫃と比嘉の攻撃的な両サイドバック(SB)が、開幕戦でともに得点に絡み、
    勝利に貢献した。昨季、石櫃はJ1名古屋でリーグ1試合に出場、比嘉は横浜Mで出番がなかった。
    プロ生命をかけた不退転の決意を、結果で示してみせた。

     前半から積極的にクロスを供給した石櫃。「先手を意識した。(FW2人からも)どんどん上げてくれと要求されている」。前半8分に、近いサイドに走った大黒へ低い弾道のボールを上げて好機を演出し、同
    25分には駒井のパスを受けると「DFのマークがルーズになっていた」のを見逃さず即クロスを上げ、アレッサンドロの頭に点で合わせた。

     「2人とも入り方も合わせ方もうまい。
    自分はミスが多かったが、とりあえず勝てて良かった」とうなずいた。

     比嘉は持ち味の豊富な運動量で攻守に貢献した。終了間際、工藤の縦パスに反応して前線に上がり、横谷のパスを受けて右足を振り切った。
    相手DFに当たって入ったプロ初ゴール。横浜Mの中村俊輔ら、多くの仲間から祝福メールが届いたという。

     明るい性格で知られるが、得点後の
    パフォーマンスは右手を挙げただけ。「今度点が入ったら、ビッツさん(石櫃)ら何人かでやるのを決めました」。新戦力がチームのムードも上げていく。

    http://s.kyoto-np.jp/info/sports/sanga/20140304_7.html


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393921321/
      【比嘉祐介プロ初ゴール 。中村俊輔らから祝福メールが届く】の続きを読む

    このページのトップヘ