2chサッカー


    J2第1節 東京V1―3松本 (3月2日 味スタ)

    昨季13位の東京Vはホームに昨季7位の松本を迎えたが、1―3で敗れて黒星発進となった。

    昨季チーム最多の11得点をマークした元日本代表FW高原直泰(34)やDF森勇介(33)ら
    昨季までのレギュラーをメンバー外にし、今季ユースから昇格したばかりのDF安西幸輝(18)、
    FW菅嶋弘希(18)ら10代の選手を5人先発に起用。平均23歳という若い布陣で臨んだが、
    2年前の開幕戦で2―0と下した松本にはじき返された。

    東京Vと松本はこの開幕戦でチームとサポーターによる「3本勝負」を実施。勝ったチームが
    試合翌日まで負けたチームの公式サイトをジャックするという前代未聞の企画は
    「サポーターリレー対決(1ポイント)」「観客数対決(2ポイント)」「試合勝敗対決(3ポイント)」の
    3本の合計ポイントで勝敗を決定することになっていたが、全てで敗れた。

    敗れた東京Vは3日午後11時59分まで公式サイトを松本にジャックされ、チームマスコットの
    ヴェルディ君は7月26日のアウェー松本戦でボランティアとして試合運営に駆り出されることになった。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/03/02/kiji/K20140302007697300.html

    http://www.verdy.co.jp/index.html

    r4eAxxq

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393758302/
      【東京ヴェルディ、松本山雅FCとの3本勝負に敗れ公式サイトジャックを許す】の続きを読む


     サッカーのイタリア1部リーグで、本田圭佑が所属するACミランは2日、ホームでユベントスに
    0―2で敗れた。

    本田は後半途中から出場したが、大きな見せ場はなかった。

         ◇

     ホームに首位ユベントスを迎えた一戦で、0―2の完敗。

     守備的MFの位置でプレーした本田も精彩を欠いた。

     後半途中、主将のモントリーボに代わって投入され、攻守のつなぎ役を任された。しかし、ボールを
    簡単に失い、軽率なパスミスを連発。ミスのたびに、サポーターからブーイングが浴びせられた。

     前半は攻めで圧倒して、手応えを得ていた。それだけに、後半に途中出場した本田の立場はより苦しい。
    背番号10が正念場を迎えている。(時事)

    http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/foreign/news/20140303-OYT1T00295.htm?from=main4


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393815446/
      【本田圭佑、パスミス連発…サポーターからブーイング】の続きを読む


    [3.2 セリエA第26節 ミラン0-2ユベントス]
     日本代表MF本田圭佑の所属するミランは2日、ホームでセリエA第26節のユベントス戦を行い、
    0-2で敗れた。ベンチスタートとなった本田は後半23分からボランチで途中出場。しかし不慣れな
    ポジションからかプレーに精彩を欠き、またしても結果を残すことは出来なかった。

     本田の現状を示す象徴的な交代劇だった。ミランは後半8分、MFアンドレア・ ポーリが相手選手との
    接触プレーで負傷交代。トップ下の選手の負傷で交代カードに注目が集まったが、クラレンス・セードルフ
    監督が選択したのはMFリッカルド・サポナーラの起用だった。

     ようやく本田に出番が回ってきたのは後半23分。しかしMFリッカルド・モントリーボとの交代で、本田に
    与えられたのはそのままボランチの位置でのプレー。同30分にMFアデル・ターラブトと交代でロビーニョが
    入ったのとは対照的だった。

     相手FWカルロス・テベスやMFアンドレア・ピルロらと激しく競り合う場面が見られるなど奮闘した本田だが、
    ボールロストも目立ち、プレー面で精彩を欠いた。セードルフ監督の中では起用法に関して試行錯誤の段階に
    あるようだが、早めに結果を残すことも求められる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00133242-gekisaka-socc

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393808042/
      【本田圭佑の現状を示す象徴的な交代劇、ボランチで途中出場も精彩欠く…】の続きを読む


    【J2:第1節 岐阜 vs 讃岐】ラモス瑠偉監督(岐阜)記者会見コメント(14.03.02)
    ----------

    ●ラモス瑠偉監督(岐阜):
    「勝利の感想は何もない。
    ひどい試合を見せて申し訳ない。勝っても、課題はいっぱい残った。もったいない試合でした」

    続きは長いのでソースから

    https://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00168850.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393754666/


    【ラモス瑠偉監督「勝利の感想は何もない。ひどい試合を見せて申し訳ない。」】の続きを読む

    1 :THE FURYφ ★ 2014/03/02(日) 20:09:12.56 ID:???0
    J2第1節 千葉0―2栃木 (3月2日 フクアリ)

    J2千葉が開幕早々から“軟禁”を強いられた。

    ホームでの栃木戦に0―2で敗戦。昨季と変わらない決定力不足の内容に、
    試合直後もサポーターから大ブーイングを浴びたが、その後もサポーター数人が
    出口で待ち構えて抗議。選手を乗せたバスは出発予定を大幅に遅れた。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/03/02/kiji/K20140302007698060.html

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393758552/
      【開幕戦黒星のJ2千葉、サポーター抗議の“軟禁”でバス出発遅れる】の続きを読む

    このページのトップヘ