Jリーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    J1浦和は28日、横浜Mとの上位対決に0―3と完敗を喫した。
    一方で前節でのサポーターの逮捕騒動は、余波が広がり続けている。
    その“常習性”を問題視する声が高まり、厳罰やむなしのムードにもなってきた。


    24日に浦和サポーター4人がスタジアム外で警備員ともみ合いになり、暴行容疑で逮捕された。
    さらに浦和サポーターのバスから、清水の選手バスに爆竹などが投げられたという。
    Jリーグでは事実関係を確認中で、今後は裁定委員会を開くか否かの判断がされる。

    規約上、裁定委員会の答申を受けたJリーグの大東和美チェアマン(54)はクラブに対し制裁金、
    勝ち点減、出場権剥奪などの処分を科すことができる。
    だが、今回は「スタジアムの外はまずいでしょう」(J1クラブ幹部)との指摘がある通り、
    一般人もいるスタジアム外で起きた事件には眉をひそめる関係者は多い。

    しかも、浦和サポーターは過去にもたびたび問題を起こしており、Jリーグ内でも“累積”から厳罰
    を求める意見もある。

    事件当日の対戦相手だった清水OBの一人は「仮に罰金となっても抑止力がない。
    一層のこと2試合くらい無観客試合にした方がいい。サポーターも応援できないから、
    仲間同士で『バカなことはやめろ』となる」とピシャリ。無観客試合についてJリーグでは実施例がないが、
    2008年5月の浦和対G大阪戦でサポーター同士が騒動を起こした時に導入を検討されたことがある。
    J人気回復を目指す矢先に起こった今回の問題は、さらなる議論に発展しそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130829-00000028-tospoweb-socc


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378017583/
      【サポーター逮捕の浦和レッズに厳罰求める声、“常習性”を問題視・・・清水OB「無観客試合にした方がいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    応援に訪れたサッカーJリーグ1部の試合会場で警備員の胸ぐらをつかんだとして、
    静岡県警袋井署は24日、暴行容疑で埼玉県内に住む30~40代の浦和レッズサポーターの
    男4人を現行犯逮捕した。
    同署によると、うち3人は「指一本触れていない」などと容疑を否認している。

    逮捕容疑では、4人は同日午後4時35分ごろ、同県袋井市愛野のエコパスタジアム駐車場で、
    20代の男性警備員2人の胸ぐらをつかんだり、体を押したりした疑い。警備員にけがはなかった。

    同署によると、4人は浦和サポーターが乗った大型観光バスでスタジアムに到着した。
    途中の道路で、対戦相手の清水エスパルスの選手らが乗ったバスが、
    この大型バスから爆竹や発煙筒を投げ付けられたため、スタジアム側は警備員を配置して警戒。
    4人は入場を制止しようとした警備員と押し問答になり、警戒中の同署員が逮捕した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130824-00000125-jij-soci

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1377400103/
      【浦和サポーター4人逮捕、警備員に暴行容疑】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     一般社団法人の中央調査社が『人気スポーツ調査』の結果を発表した。
    この調査は同社が毎年実施しているもので、無作為に選んだ全国の20歳以上の男女を対象に実施。
    今回で21回目の調査となる。

     最も好きなスポーツ選手を問うた調査では、米大リーグのヤンキースに所属するイチロー外野手が
    9年連続1位を獲得。サッカー界ではCSKAモスクワMF本田圭佑が2位に躍進している。
    昨年4位だったマンチェスター・ユナイテッドMF香川真司も5位に付けている。
    また10位には横浜FCのFW三浦知良がランクインを果たすなど、根強い人気を誇っている。

     世代別ではすべての世代でイチローが1位を獲得する中、20~40代の2位と3位はいずれも本田と香川が
    獲得。若い世代からは高い支持を集める結果となった。

     好きなJ1クラブ調査では、浦和レッズが5年ぶりに1位を獲得。2位は鹿島アントラーズ、
    3位にサンフレッチェ広島と続いている。昨年1位だった名古屋グランパスは6位に後退している(同率だったG大阪はJ2のため除外)。

     しかし残念な調査結果も。Jリーグで好きなチームがないという「どれもない」と答えたのが
    全体の62.4%を占めている。好きなプロスポーツで1位と2位を分け合った野球とサッカーだが、
    プロ野球チーム調査の「どれもない」が31.7%だったのに比べると寂しい結果となっている。

    以下、好きなJ1クラブ順位(中央調査社調べ)
    1位:浦和
    2位:鹿島
    3位:広島
    4位:C大阪
    5位:横浜FM
    6位:名古屋
    7位:磐田
    8位:清水
    9位:柏
    10位:仙台
    11位:FC東京
    12位:川崎F
    13位:大分
    14位:新潟
    15位:鳥栖
    16位:湘南
    17位:大宮
    18位:甲府
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-01123849-gekisaka-socc


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1377014612/
      【Jリーグ人気調査で寂しい結果…好きなチーム「どれもない」62.4%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     
    FC東京残留も平山を待ち受ける厳しい現状

    J1で低迷する甲府からオファーを受けていた“怪物”ストライカーこと
    元日本代表FW平山相太(28)がFC東京に残留することになった。
    FC東京のクラブ幹部は「(甲府から平山獲得の)正式なオファーはあった。条件なども悪いものではなかったが、
    最終的に本人が残って『勝負したい』という意思だった」と明かした。シーズン中の移籍は成立しなかったという。
    今季の平山はFW渡辺千真(27)が得点ランクトップの15ゴール(第20節終了時)と大活躍していることもあり、
    リーグ戦の出場はわずか9試合で先発はゼロ。出場時間も合計で82分しかなかった。
    そこで甲府をはじめとする下位クラブやJ2クラブが獲得に向け熱視線を送ってきた。
    ただ平山自身が移籍には消極的だったことやJリーグの移籍期間が16日に終了したため、今季残留が確定した。
    “怪物”は再スタートを誓っているが、現在までJリーグで得点なし。
    置かれた状況は厳しく、今オフにも去就問題の再燃は必至だ。
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/174343/


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1376796648/
      【元日本代表FW平山相太がFC東京残留 待ち受ける厳しい現状】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    モデルの田中美保が、雑誌「LEE」9月号に初登場し、新婚生活について語った。

    田中は「新婚さんいらっしゃい」と題した企画に登場し、
    結婚歴14年のモデル・浜島直子と対談した。
    昨年12月に、2年の交際を経てサッカー元日本代表・稲本潤一選手と結婚。
    誌面ではラブラブな新婚生活を惜しむことなく語っている。

    妻としての実感を語る田中は、「宅配便を受け取るときに、“稲本”ってサインするのが楽しい」
    と新しい苗字に新鮮さを感じているそうだ。
    しかしその一方で、「まだ“稲本さん”って呼ばれるのは慣れてない」と違和感が
    あることも打ち明けている。

    また、夫の魅力を安定感だと語る田中。
    感情がコロコロ変わりやすい田中に対して夫は「ミーちゃんは情緒不安定やなぁ」と
    やんわり受け止めてくれると明かした。
    さらに、それを受けて「だから面白いでしょ?1日でこんだけ気分が変わる人はそうそういないよ」
    と言うと、夫は「そやなぁ」と優しく返してくれると語った。

    そのほか、ふたりの将来の夢や結婚して変わったことなど、田中のラブラブ新婚生活
    をうかがい知ることのできる内容となっている。

    情報提供:「LEE」(集英社)
    http://news.ameba.jp/20130815-443/


    【田中美保おのろけ、夫・稲本潤一選手の魅力とラブラブ新婚生活を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ