なでしこジャパン

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ノリさん前言撤回!U19道上&美南を“飛び級”招集へ 

    大分市内で行われていた年代別日本女子代表候補の合同合宿は11日に全日程を終了し、佐々木則夫監督(54)が
    U―19代表候補のFW田中美南(18=日テレ・ベレーザ)とFW道上彩花(18=常盤木学園)のアルガルベ杯
    (3月6日開幕、ポルトガル)招集を熱望。合宿を通じたパフォーマンスに合格点を与え、想定外だった飛び級招集へ
    調整する意向を示した。

    合宿最終日になって佐々木監督が前言を撤回した。下部年代のチームづくり優先でU―19、U―16代表候補からの
    アルガルベ杯招集は繰り返し否定してきたが、打ち上げ直後に態度が一変。「絶対必要ないと思っていたが、伸びている
    子に経験させるのもU―19に戻っていい経験になる。(U―19代表の)吉田監督と話を詰める」と訴えた。

    その気にさせたのはこの日、なでしこジャパンとチャレンジの選手をミックスして2チームに分けた紅白戦。
    U―19代表候補で2人だけ特別招集された有望株だった。パスミスを奪って自ら持ち込み、左足でシュートした
    田中美は速さとリズム感あふれるプレーで存在感を示した。1メートル70で強いフィジカルを誇る道上は2人と
    競り合ってゴールに迫るなど力強さを発揮。いずれも不発ながら、前日の練習後に「僕の心を揺るがしている」と
    2人を絶賛していた指揮官は「美南は動きながらのボールコントロールがいい。道上は深さを持ってキープする。
    2人にはアルガルベに行く力があった」と称えた。

    突然の2トップ引き抜き案にU―19代表の吉田監督は一瞬戸惑いながらも「チャンスをもらえれば本人たちに
    悪いことではない」と前向き。14年U―20W杯予選を兼ねたU―19アジア女子選手権を10月に控えて
    “完全移籍”には否定的だったが“レンタル”で経験をU―19に持ち帰ればチームにもプラスになる。

    続きは>>2-5あたりに
    スポニチ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/02/12/kiji/K20130212005176300.html
    U-19からなでしこジャパンの試合に参加し佐々木監督に評価された道上(左)と田中美が
    石碑のボールをシュート Photo By スポニチ
    G20130212005176050_view


    【佐々木監督、U-19代表候補の田中美南&道上彩花をアルガルベ杯でなでしこジャパンに飛び級招集する意向を示す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    岩渕真奈ブログ

    なでしこジャパンで、日テレベレーザからドイツ2部リーグのホッフェンハイムに移籍した岩渕真奈選手のブログ



    http://ameblo.jp/buchilife/


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    なでしこジャパン、アルガルベ杯の生中継決定!WBC侍ジャパンと視聴率対決


    日刊スポーツ
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20130126-1076716.html


     なでしこジャパンVS侍ジャパン!? サッカー女子日本代表の参加する3月アルガルベ杯
    (ポルトガル)が民放で生放送されることが25日、明らかになった。日本協会の関係者によると、
    TBSとフジテレビが放送するという。ロンドン五輪が注目された昨年とは違い、世界規模の大会
    がない中での地上波中継。ましてや同時期に行われる野球のWBCにぶつける格好だ。あらためて、なでしこの存在の大きさを証明した。

     五輪イヤーが終わっても、なでしこのパワーは不変だった。来月8日からの代表始動を前に、
    うれしい知らせが舞い込んだ。日本協会の関係者は「今年も放送してもらえることになりました。
    これでまた1人でも多くの女子サッカーファンに応援してもらえる」。3月のアルガルベ杯を昨年
    同様、TBSとフジテレビが放送することになった。

     同時期には野球のWBCが重なる。テレビ局にとっては簡単な決断ではなかったはずだ。
    放送時間こそずれる可能性はあるが、なでしこの1次リーグA組初戦ノルウェー戦(3月6日)は、
    WBC予選第1ラウンド「日本-キューバ戦」と同日。なでしこのドイツ戦(8日)デンマーク戦
    (11日)も、WBC第2ラウンドの日程と重なっている。フジにとって、なでしこが魅力的な有力
    コンテンツとなっている証しだった。

    >>2 以降へ続く

    【なでしこジャパン、アルガルベ杯の生中継決定!WBC侍ジャパンと視聴率対決】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    日本のペレに!東京五輪招致委がなでしこジャパンMF澤穂希に“ラブコール”

     澤、ペレになれ?! 

    2020年夏季五輪の招致へ向け、東京五輪招致委員会がなでしこジャパンの発展に貢献したMF澤穂希(34)=INAC神戸=に対し、招致プレゼンター就任の“ラブコール”を送っていることが24日、分かった。

    16年リオデジャネイロ五輪では王様・ペレの参加が招致に大きく貢献。澤は25日に始動するINACでの競技生活を最優先する見通しだが、ピッチ外でもエースとなるか注目だ。

     ブラジルが「王様」なら、日本は「世界の女王」を切り札にしたい。東京五輪招致委員会のあるメンバーは、遠回しの表現の中に、澤のプレゼンター就任を熱望する思いをにじませた。

     「(澤は)現役アスリートなので、スケジュールの問題があるが、(プレゼンターを)やっていただけるかも含め、調整していただいている段階だと思う」

     澤は25日、INAC神戸で始動する。「なでしこジャパン」入りも目指す多忙なシーズンが始まるが、それを承知の上での“ラブコール”だ。

     澤は招致アンバサダーの初仕事として、7日に大会の開催計画の詳細を記載した「立候補ファイル」を国際オリンピック委員会(IOC)に提出。10日にはロンドンで会見し、英語でのスピーチも披露した。

     別の招致委員会スタッフは「スペイン、トルコはIOC委員など上の方だけの出席だったが、日本は澤さんや(パラリンピアンの)鈴木(孝幸)さんと競技者が現地に行った。本格的な招致活動の『キックオフ』としては、よかったと思う」と好感触を得た。

    5月のスポーツアコード会議(ロシア)を皮切りに、最終決定する9月7日のIOC総会(アルゼンチン)を含め、国外でのプレゼン機会は4度。9月の最終プレゼンを第1希望に、招致委員会は「女王登壇」の可能性を探る。

     昨年のロンドン五輪は元イングランド代表MFベッカムが招致プレゼンターを務め、16年リオデジャネイロ大会はペレが招致に尽力。

    国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長(76)もIOC委員を兼任し、知名度のある現役サッカー選手の影響力は大きい。11年、世界年間最優秀選手賞に輝いた澤に、ピッチ外でも大仕事が待っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130125-00000000-sanspo-spo

    【日本のペレに!東京五輪招致委がなでしこジャパンMF澤穂希に“ラブコール”】の続きを読む

    このページのトップヘ