なでしこリーグ


    強すぎるなでしこINAC神戸 「問題あり」が53.1%との結果
    瞬刊!リサーチNEWS 2013年5月24日(金)10時2分配信

     2011年の女子W杯優勝により女子サッカーの注目度が一気に高まり、なでしこリーグにも多くの観客が
    詰めかけるようになりました。しかし同リーグは、昨季まで2年連続で無敗、今シーズンもここまで9連勝と
    INAC神戸が圧倒的な強さを誇っており、一部からは女子サッカーへの関心低下を懸念する声も挙がって
    います。

     こうした1強状態をファンはどのように捉えているのでしょうか? そこで、「なでしこリーグ、INAC神戸の
    『1強』は問題?」と質問してみたところ、以下のような結果となりました。

    ・問題あり:3964票(53.1%)
    ・問題なし:3219票(43.2%)
    ・わからない:277票(3.7%)

    (ヤフーニュース「クリックリサーチ」調べ、対象は7460人 数値は小数点第2位以下四捨五入 5月23日18時現在)

     先のW杯でも活躍した沢、川澄、海堀ら、INAC所属の選手にしてみれば、「強すぎると言われても……」
    と困惑するしかないのでしょうが、日本のサッカーファンからは「NO」の声が過半数を占めました。

     INACのオーナーの文弘宣会長は、「強すぎる」との指摘に対し、「ほか(のクラブ)がプロチームを作って
    (INAC神戸に)挑戦してきたらいいんです」と述べたそうですが、コメント欄には「これではやがて嫌われるし
    飽きられると思う」という声も寄せられています。

    >>2につづきます。

    livedoorニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/7703146/

    sawa10

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1369368812/ 【強すぎるなでしこINAC神戸 「問題あり」が53.1%との結果】の続きを読む


    サッカー女子のなでしこリーグの2部にあたるチャレンジリーグは7日、さいたま市大宮区のNACK5スタジアム大宮などで開幕し、8試合が行われた。

    創立2年目の今季から参入したノジマステラ神奈川は、昨季なでしこリーグから降格したAS狭山を2-1で下し、白星スタートを切った。
    菅野将晃監督(52)は「J1の恵まれたピッチで戦い、優勝候補に勝つ。これほど最高のスタートはない」と開幕戦勝利の喜びを語った。

    ◆右足キラリ、新星躍動
    創立2年目。異例の速度で参入したノジマステラ神奈川の勢いが止まらない。
    記念すべき開幕戦初勝利をもたらしたのは座間市出身、MF吉見の「黄金の右足」だった。

    相手はなでしこリーグから降格のAS狭山。昨年11、12月の全日本女子選手権大会でベスト8に入っている優勝候補だ。

    ただ19歳は動じない。開始早々、あいさつ代わりの右足ミドルはポストを直撃。跳ね返りをFW金井が頭で合わせる先制点を演出した。

    自身へのマークが厳しくなってもお構いなし。ドリブルで仕掛け、後半17分にはファウルを誘って獲得したFKを右足で直接突き刺した。

    距離にして約25メートル。菅野将晃監督(52)も「あのFKはなでしこクラス」と、勝負をほぼ決する2点目のゴールに、うなるほかない。

    東日本大震災で中高一貫のJFAアカデミー福島があった楢葉町を離れた吉見。「とにかく勝つことに貢献したい」。
    お世話になった人たちのために心に誓う。

    「サッカーができることのありがたさを、あの日を境に強く感じていると思う」。応援席の母真弓さん(44)も娘の思いを理解している。

    「スタートは大切。とにかく勝てて良かった。このモチベーションを保って次も勝ちたい」という背番号2。
    イタリア語で「星」を意味する「ステラ」の言葉通り、ピッチで輝き始めている。

    画像 サポーターの歓声に応えるMF吉見(左から2人目)らノジマステラ神奈川イレブン=NACK5

    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1304080001/

    25_000141

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365403792/

    【なでしこチャレンジリーグ 止まらぬ勢い、ノジマステラ神奈川が開幕戦で優勝候補AS狭山に勝利】の続きを読む


     ◆サッカー女子 プレナスなでしこリーグ第2節最終日(31日、新潟市陸上競技場ほか) 

    4試合を行い、3連覇を狙うINAC神戸は新潟に6―1で圧勝し、大阪高槻を3―1で下した
    日テレとともに2連勝で勝ち点6とした。

     INAC神戸は1―1の後半、18歳のルーキー道上のリーグ初得点などで5点を奪った。
    日テレは終盤、ロンドン五輪日本代表MF阪口が決めて勝ち越した。

     吉備国際大と1―1で引き分けた仙台と、岡山湯郷を1―0で破った伊賀が勝ち点4。
    岡山湯郷は2連敗となった。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/etc/news/20130331-OHT1T00135.htm

    日本女子サッカーリーグ プレナスなでしこリーグ2013 日程・結果
    http://match.nadeshikoleague.jp/2013/nadeshiko/match/index.html


    CI0002

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364725049/ 【なでしこL第2節 INAC神戸、6-1で新潟に圧勝!大阪高槻を下した日テレとともに開幕2連勝】の続きを読む

    このページのトップヘ