アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、FW宮市亮について、クラブ公式サイトで高く評価するコメントをしている。

2011年1月にアーセナルに加入し、フェイエノールト、ボルトン、ウィガンにレンタルされてきた宮市だが、
今季は相次ぐ負傷に悩まされて十分な活躍を見せることはできなかった。
それでもヴェンゲル監督は、宮市の能力やメンタリティーへの評価を失ってはいないようだ。

「リョウには大きな期待をしている。彼は典型的な日本人らしいクオリティーを持っているからだ。
日本の選手たちは非常に技術が高く、よく動き、敏捷だ。
体重は少し軽いが、良い動きをする。チームのためにという強い意識を持った選手たちだ」

「リョウの姿勢ももちろん素晴らしいものだ。ひざに大きなケガをしてリハビリを終えたばかりだが、
フィジオは彼のような姿勢の選手は過去に見たことがないと言っていた。
彼にはそういうクオリティーがあるし、技術もスピードもあり、ハードワークをする選手だ。
戦術面では成熟する必要があるが、それ以外のものは持っている」

(>>2あたりに続く)

Goal.com 6月7日(金)16時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00000015-goal-socc


images

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1370595704/ 【アーセナルのヴェンゲル監督「宮市には大きな期待をしている」 中田英、稲本、本田についてもコメント】の続きを読む