セルジオ越後


    【セルジオ越後コラム】カズの偉業に嬉しさ半分

    3日に行われたJ2第22節で、横浜FCのカズがゴールを決めた。
    まさかの試合開始16秒。今季初シュートだったというからなおさら驚きだ。
    映像を見返してみると、キックオフ直後でDFが緩い対応をしているとはいえ、見事なトラップだったし、
    シュートも素晴らしかったね。46歳4カ月7日でのゴールは祝福せざるをえないよ。
     
    翌日のスポーツ紙の一面はカズだった。
    ここで思ってしまうのが、カズ以外に一面を取れるJリーガーはいるか、Jリーグの話題があるか、ということだ。
    残念ながらいないだろうね。
    スター不足というか、いまだにカズのネームバリューを超えられない現状を憂えたくもなる。
    そういう意味で、カズのゴールは嬉しさ半分、裏側には大きな問題が潜んでいると思えるね。
     
    Jリーグのスターがなかなか出てこないのは、興行ありき、興行を先行するという日本の文化も
    多分に影響しているんじゃないかな。視聴率や売れ行きがすべての社会の中では、
    スポーツもひとつのバラエティコンテンツでしかないから、とにかく視聴率の取れる話題、名前に飛びつく。
    ものの本質は二の次という感じだね。

    だから、自分たちで文化を育てるのではなく、消費するという発想しかない。
    カズに割く紙面を、もう少し例えば柿谷曜一朗に使ってもいいんじゃないか。
    そうやって育てていくことも、メディアの仕事の一つだと思うよ。

    また、46歳を超えて得点するのは確かにビッグニュースではあるけど、カズのシーズンを通しての活躍を見れば、
    必ずしも満足いくものではないよね。それをメディアやファンが指摘するかどうか。
    日本が追いつきたいと思う強豪国、例えばブラジルではそんなことはありえない。
    スターを大切に扱うのはいいけど、必要以上に持ち上げることは、カズ自身も望んでいないはず。
    カズの偉業に、嬉しさ半分、考えること半分だ。

    セルジオ越後コラム 2013年07月06日14時51分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7833720/


    Koki%20NAGAHAMA

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373104733/
      【セルジオ越後「カズ以外にスポーツ紙の一面を取れるJリーガーはいるか、残念ながらいないだろうね」】の続きを読む


    コンフェデレーションズカップのグループA第3節が22日に行われ、日本代表とメキシコ代表と対戦。
    後半にエルナンデスの連続ゴールで2点のビハインドを背負った日本は、86分にようやく岡崎のゴールで
    1点を返すが、そのまま1─2で敗れた。日本はグループリーグ全3試合を消化して、3戦全敗の勝ち点0。
    グループ最下位で大会を終えた。

    サッカーキングの取材に対し、解説者のセルジオ越後氏は次のように語った。

    「『イタリアに負けたけどいいサッカーしたよね』という甘い論調に、現実という名の冷水が浴びせかけられたような
    試合だった。妙な満足感を覚えていたファンも、それを煽ったメディアも、これで目を覚ましたろう」

    「メキシコ戦は、開始10分を過ぎてメキシコがプレッシャーをかけてくると、日本はとたんに何もできなくなった。
    1点返せたのも、相手が2点をリードして、またやらせてくれるようになったからだ。これはイタリア戦の時も
    同様だった。つまり、このレベルの強豪相手に前に出られると、何もできないというのが今の日本の実力だ。
    そして何より、3試合で9失点を喫した守備がいただけない。個人のミス、監督のミス、その両方があった。
    監督の交代策は、相変わらずメッセージが伝わりづらいもので、状況を変えるものでもなかった」

    「3戦全敗のグループ最下位。文字通り最悪の結果だ。ここで厳しく言わなくていつ言うというのか。普通の
    国であれば、監督解任騒動が起きるのが当たり前だ。強豪国がひしめく大陸と違い、日本はただでさえ
    アジアという地理的ハンディを抱えている。人の三倍努力する、人の三倍議論することを恐れていては、
    一向にトップレベルに追いつけないよ。あと1年、選手も監督もゼロベースで考えるべきだろう。それから、
    W杯に出れるか出れないかレベルの相手を呼んで興行親善試合をするのも無意味。協会には頭を冷やして
    考え直してもらいたい」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00118511-soccerk-socc


    201208091136588c4

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371947594/
      【セルジオ越後氏「ここで言わなくていつ言うの? 監督解任の議論を恐れるな」】の続きを読む


    ブラジル戦完敗にセルジオ越後氏「今のままでは永遠に差は埋まらない。悪いところは叩くべき」
    6月16日(日)7時8分配信

    ブラジルで開催されるコンフェデレーションズカップが15日に開幕し、グループAではブラジル代表と日本代表が対戦。
    世界のトップとの距離を測る絶好の舞台において、日本は前後半それぞれの立ち上がりに失点を喫し、さらに終盤にも
    加点され、0─3で完敗した。

    試合後、サッカーキングの取材に対し、解説者のセルジオ越後氏は次のように語った。
    「旅立つ前に言っていたことと、やっていることの落差。現実はこれほど違うのかと思い知らされる試合だったろう。
    気持ちや言葉では埋まらない明確な差があった。香川も長友も、日本では超ビッグクラブで大活躍しているスーパースター
    のような扱われ方だが、現実はこんなものだ。煽り報道に冷水を浴びせる敗戦でもあった」
     
    「試合内容としては、昨年の欧州遠征で対戦した時のほうがまだ良かった。ビハインドを背負った時にどうすべきか、
    チームとしての方向性が見えなかったのはもちろん、選手一人ひとりに独立性がなく、解決策を見いだすことができない、
    つまり子どものサッカーだった」
     
    「監督の采配も相変わらずだった。遠藤を下げた時点で、次戦への温存を考えたのだろうけど、まず負けてる試合の
    あの時間帯でそういう選択を取ったことへの疑問が一つ。それなのにロスタイムに乾を入れるという、ちぐはぐさ。
    最後まで残念な試合だったね」
     
    「個の力を上げていくしかない、というのは確かにそうだけど、今のままのやり方では、差を埋めるのは不可能だ。
    こんな試合をしたら、徹底的に叩かれるようじゃないと、これから先伸びていかないし、ブラジルには永遠に
    追いつけない。だから僕は文句を言うよ。選手もマスコミもファンも、目を覚まして、もう一度足元を見つめ直すべきだ」

    Yahoo!ニュース(SOCCER KING) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-00116978-soccerk-socc


    20070524_348107

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371350093/ 【セルジオ越後氏、ブラジル戦完敗に「今のままでは永遠に差は埋まらない。悪いところは叩くべき」】の続きを読む


    好意的にとらえれば、ケガをしないように流してプレーしていたのかもしれないが、香川のトップ下はまったく機能していなかった。
    あそこでタメができないし、攻撃を組み立てることもない。やはり本田とはプレーが違うんだ。

    香川はもともと、1タッチ、2タッチでパスをさばいたり、その後に自分が動いてボールをもらったりしたいタイプの選手。
    2列目からDF裏へ抜けてスルーパスを受けたり、どちらかというとFWとしてMFに使われる側の選手なんだ。
    だからトップ下でゲームを組み立てる役割となると、しっくりこない。

    同じポジションでも、マンチェスターUでやるのと、日本代表でやるのとは違う。
    マンUなら攻撃を組み立てられる選手が周りにいるから、香川を生かすこともできる。日本代表ではそうじゃない。

    それにしてもこの試合はやる意味があったのか。何を試したいのか分からず、みんな故障しないようにプレーしているだけ。
    「このままやったらヨルダンに負ける」と分かったことだけが収穫だな。
    http://www5.nikkansports.com/soccer/column/sergio/archives/39683.html
    o0725046912469277493

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364099051/

    【セルジオ越後「香川は元々使われる側の選手。攻撃を組み立てることもないので、やはり本田とはプレーが違う」】の続きを読む


    【セルジオ越後コラム】なでしこはなでしこらしく

     サッカー女子代表のアルガルベカップが行われている。日本は2011年大会に初出場して3位、
    2012年大会では準優勝するなど、相性のいい大会であるが、今大会は苦戦しているようだね。

     澤穂希と宮間あやを選外とし、世代交代と戦力の底上げに着手しているなでしこジャパンは、
    初戦のノルウェー戦に0─2で完敗し、続くドイツ戦にも1─2で敗れて連敗となった。

     ノルウェー戦は試合そのものの質が低く、蹴り合いやぶつかり合いに終始し、なでしこジャパ
    ンの代名詞とも言えるパスサッカーは見る影もなかったね。2011年のW杯や2012年のロンドン
    五輪での大躍進を機に注目するようになった人たちからすれば、物足りない結果かもしれない。
    けれどこれもまた現実だよ。世代交代はそう簡単ではないし、代役がすぐに出てくるほど澤や
    宮間は容易い選手ではないよね。

     2011年のW杯で優勝した時のなでしこジャパンは、国民から大して注目されず、ある意味で
    「無視」されていたからこそ、チャレンジャー然として、リラックスして臨むことができた。それが
    あの望外の結果を生んだのだ。
     
     今は、人気がフィーバー状態となり、勝ち続けなければいけないという宿命、プレッシャーを
    背負っている。この中で戦うのは容易なことではない。今大会の成績はショッキングかもしれ
    ないけど、冷静に考えて、ちょっと過去を振り返れば、地上波で中継されるだけどもすごいこと
    なんだよ。
     
     僕は、今大会のなでしこジャパンに結果を求めるつもりはない。プレッシャーを感じずに、時間
    をかけてチーム作りをすべきだ。今周囲がプレッシャーをかけてしまうと、監督も含めてチームが
    潰れてしまうよ。

     萎縮せずに、結果を気にせず思いきりプレーしてもらいたいね。悩んでプレーしている姿はなで
    しこらしくない。
    http://news.livedoor.com/article/detail/7485058/

    f72f9959

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1362896062/ 【セルジオ越後「今大会のなでしこジャパンに結果を求めるつもりはない。時間をかけてチーム作りをすべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ