フォルラン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    フォルラン 柿谷に金言「もっとシュートを打った方がいい」

     世界を知り尽くす男からの金言だ。C大阪は14日、宮崎キャンプ2日目を迎え、新加入の
    ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)は2部練習でフルメニューを消化。7対7の
    ゲームの後には、同じチームになった日本代表FW柿谷曜一朗(24)のもとへと歩み寄り
    アドバイスした。

     「もっとシュートを打った方がいい。それができるクオリティーを持っているんだから、もっと
    打っていこう。ウルグアイ代表が強いのは、そういうところ(意識)があるからなんだ」

     過去にW杯を2度制覇し、南アフリカ大会では4位となった強豪のエースにはゴール前で
    完ぺきに崩しきろうとする姿勢が納得できない。「目的はシュートであってつなぎではない」。
    実際に昨季の柿谷は34試合出場でシュート93。1試合平均で約2・7本と少ない。

     練習後には山口と扇原にも同じ助言を送ったフォルラン。何も実績だけでなく、常に全力で
    練習に取り組んでいるからこそ、言葉には重みがある。紅白戦では最初から主力組に入り、
    柿谷と2トップを形成した。「(状態は)だいぶ良くなってきているよ」。15日のJ2岡山との練習
    試合(45分×4)にも出場予定。初合流から3日目で、早くも実戦デビューを飾る。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/15/kiji/K20140215007588550.html

    整理運動中も通訳を伴い(左から)柿谷、山口に話しかけるC大阪のFWフォルラン(右端) Photo By スポニチ

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392422563/


    【フォルラン 柿谷に金言「もっとシュートを打った方がいい」「目的はシュートであってつなぎではない」・・・セレッソ大阪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    J1・C大阪に加入したウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)が12日、関西空港
    着の航空機で来日し、大阪長居スタジアムで入団会見を行った。契約期間は2月1日か
    ら12月31日までの11カ月で背番号は10。13日から宮崎市内で行われる2次キャンプ
    からチームに合流する。

     フォルランは昨年結婚したばかりで、妻のパースさんはブロンドの髪が印象的な23
    歳の医大生。大学を休学してフォルランとともに日本へやって来た。ホッケーの腕前も
    国内代表クラスの実力の持ち主だという。

     フォルランが日本行きを相談した際には
    「あなたは日本は素晴らしい国といつも言っている。
    常にリスペクトを忘れない国民性、美しい国で礼儀正しい人々がいる。
    あなたが常にそう言っていたので私も日本に行きたい。
    あなたがどこに行こうと私はついていく」と背中を押した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140212-00000073-dal-socc

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392322340/


    【フォルランの妻「(夫の相談に)あなたは常に日本は素晴らしい国と言っている。だから私も日本に行きたい」医大を休学し来日】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

    C大阪加入のフォルランが会見…長い日本語の挨拶、関西弁も披露「おおきに」
    SOCCER KING 2月12日(水)19時10分配信

     セレッソ大阪は12日、ウルグアイ代表FW
    ディエゴ・フォルランの入団会見を行った。

     会見に臨んだフォルランは冒頭、日本語で挨拶。
    「こんばんは。日本の皆様、はじめまして。ディエゴ・フォルランです。
    セレッソ大阪で頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。
    日本政府、Jリーグの皆様、ここでプレーができる機会をいただき、
    感謝致します。以前から日本のファンでした。過去に3回、
    日本に来たことがあります。素晴らしいおもてなしを受けました。
    たくさんの希望と夢を持ってきました。去年、チームは4位まで行きました。
    今年、良い成績を残せるよう、全試合努力します。
    どうも、ありがとうございました。おおきに」
    と、早速の関西弁を交えつつ、長い日本語での挨拶を行った。

     また、C大阪を移籍先として選んだ理由について、
    「強い気持ち、熱い思いを感じましたので、
    それが大きな要因だったと思います」とクラブの熱意を挙げ、
    「過去3回、日本来たことがありますが、いつも日本という国の素晴らしさ、
    文化であり、人を思いやるリスペクトを肌で感じたことも、
    動機の一つにあると思います」と、
    日本の国柄についても要因だったとコメントしている。

     日本のサッカーについては、「日本のサッカーは技術レベルが高く、
    スピードがあり、非常にいいサッカーをしていると思います」と語り、
    「オファーをいただいたことは、私にとってチャレンジであると思い、
    決断しました」と意気込みも述べた。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140212-00168349-soccerk-socc

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392222848/
      【セレッソ大阪加入のフォルランが会見! 冒頭に長い日本語の挨拶、関西弁も披露「おおきに」】の続きを読む

    このページのトップヘ