リーガエスパニョ-ラ


    バルセロナ一筋19年、主将のDFプジョルが今季限りでの退団発表
    SOCCER KING 3月5日(水)1時54分配信

     バルセロナに所属するスペイン代表DFカルラス・プジョルが、
    今シーズン限りでクラブを退団すると発表した。

     プジョルは4日、会見を開き、2016年まで結んでいた契約を解除し、
    今シーズン限りでチームを離れることで合意したことを明らかにした。

     4月で36歳となるプジョルは、1995年にバルセロナの下部組織に入団。
    1999年にトップチームに昇格し、2004年からは主将に就任。
    これまでバルセロナ一筋でプレーし、6度のリーグ制覇、
    3度のチャンピオンズリーグ制覇など、輝かしい成績を収めてきた。
    スペイン代表としても、ユーロ2008や南アフリカ・ワールドカップ制覇を
    果たしている。一方で近年は度重なる負傷に悩まされ、
    今シーズンはリーグ戦5試合の出場にとどまっていた。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140305-00172613-soccerk-socc

    Official FC Barcelona Web Site - Barca | FCBarcelona.com
    http://www.fcbarcelona.com/
    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393975515/
      【プジョルが今季限りでの退団を発表】の続きを読む


    サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは4日、今季新加入したブラジル代表の
    ネイマールが今夏にへんとうを手術した影響で貧血であることを明らかにした。
    治療中だが、全体練習には引き続き参加するという。バルセロナは18日にリーグ
    開幕戦でレバンテと対戦する。(AP=共同)

    スポーツナビ [2013年8月4日 22:37]
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/headlines/article/20130804-00000059-kyodo_sp


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375629374/


    【ネイマールが貧血】の続きを読む


    Rマドリードは、トットナムのウェールズ代表MFギャレス・ベール(24)を移籍市場最高額
    となる8700万ポンド(約134億円)で獲得したと、1日付英紙デーリーメールが報じた。

    トットナムはバレンシアのスペイン代表FWソルダドとクラブ間合意。
    さらにRマドリードのスペイン人FWモラタを獲得できる見込みがあるため、
    ベール放出を決断したという。

    これまでの移籍金最高額は、09年夏にポルトガル代表FWロナルドがマンチェスターUから
    Rマドリードに移籍した際に支払われた8000万ポンド(当時約128億円)。

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20130802-1166693.html



    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375453857/
      【レアル・マドリード、史上最高額134億円でウェールズ代表MFベイルを獲得】の続きを読む


    バルサ、パナソニックとスポンサー契約
    時事通信 2013年7月16日(火)9時21分配信

     【マドリード時事】サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは15日、
    パナソニックと3年間のスポンサー契約を結んだと発表した。

    時事通信
    http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013071600143


    f0231904_1740572

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373945387/
      【バルセロナ、パナソニックと3年間のスポンサー契約締結】の続きを読む


    [1/2]
    去る7月1日から5日にかけて、リーガ・エスパニョーラ(スペイン1部)の
    レアル・マドリードに所属するスター、カカ選手が中国を訪問した。
    目的は中国・ブラジル文化交流大使として記者会見やスポーツ文化交流活動を
    行うためだが、滞在の最後の最後でカカ選手を怒らせる事態が発生。
    ファンの間では「あの温和なカカを怒らせるなんて!」と驚き、中国側の対応に
    呆れる声が噴出している。

    中国メディア騰訊体育などによると、カカ選手が怒ったとされているのは7月5日の晩。
    その日、カカ選手は北京で関係者を集めたパーティーに出席したのだが、
    取材予定であったメディア関係者との間でひと悶着が起きた。
    インタビューを終えたカカ選手に記念写真やサインの希望者が殺到し、会場が混乱。
    カカ選手は「きりがない」と判断したのか、その場から立ち去ろうとした。

    しかし、これにメディアは大慌て。
    と言うのも、まだ写真撮影を済ませていなかったためだ。
    そのため、記者がカカ選手を追いかけ、もう一度会場に戻ってくれるよう懇願。
    カカ選手はいったんは会場に戻るが、ここで再び記念撮影やサイン攻めに遭ってしまう。

    ソースはナリナリドットコム 
    http://www.narinari.com/Nd/20130722250.html 


    -続きます-


    2013-07-11-135557
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373584338/
      【カカ怒らせた中国に呆れる声「あの温和なカカを怒らせるなんて!」】の続きを読む

    このページのトップヘ