ワールドカップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    韓国サッカー代表チームは蔚山文殊競技場で18日、2014ブラジルW杯アジア地域最終予選A組
    でイランとの最終戦を行い、0-1で敗れた。

    韓国代表はイランに負けたものの、得失点差で8大会連続となるW杯本大会出場が決定した。
    試合に関連し、イラン代表のケイロス監督が試合終了直後、韓国ベンチに向かってガッツポーズを
    行った行為は問題だとして、複数の韓国メディアが相次いで報じた。

    韓国メディアは、「ガッツポーズなどのマナー違反が見られたケイロス・イラン代表チーム監督
    をFIFAワールドカップに報告」、「ケイロス監督、韓国のベンチに ガッツポーズを見せつける醜態」、
    「ケイロス監督のガッツポーズ論議、サッカー協会は競技レポートを書いてFIFAに提出することに」
    などの見出しで伝えた。

    審判の試合終了のホイッスルが鳴ると、ケイロス監督は韓国ベンチに向けてガッツポーズを放つなど、
    イランの非礼なマナー行為は度が過ぎており、眉をひそめるものだったと非難した。

    試合前にもケイロス監督は、韓国のチェ・ガンヒ代表監督がウズベキスタンのユニフォームを着た
    コラージュ画像をプリントしたTシャツを着用し、挑発していたと指摘。
    一方、これに先立ち、試合前にチェ・ガンヒ監督は、昨年10月に韓国代表がイランで遠征試合をした際、
    ビザ発給や練習場のコンディションなどで「冷遇を受けた」として「イランの方が嫌いだ、
    ウズベキスタンと一緒に本大会に行きたい」などとインタビューで答えていた。
    これに対して、ケイロス監督は、イラン側は最高の設備を提供していたとして、チェ・ガンヒ監督に謝罪を
    求めていたことが報じられていた。

    ケイロス監督とイラン代表選手の行動について、大韓サッカー協会の関係者は「競技監督官と審判の
    両方がこの行動を見た。この試合をレポートに書いて国際サッカー連盟(FIFA)に提出する」と述べたという。

    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013;d=0619&f=national_0619_014.shtml

    20130618231104300

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371622496/

    つづく


    【非礼なマナー行為は度が過ぎている…敗れた韓国、イラン監督のガッツポーズを「マナー違反」としてFIFAに報告へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    18日に行われたW杯アジア最終予選イラン対韓国戦の試合後に、
    韓国チームのスタッフがイランの選手に対して暴行を加えたのではないかと問題になっている。
    問題の場面は動画サイト『YouTube』にも投稿されるなど、インターネット上を中心に話題となっている。

    1-0のイラン勝利に終わった一戦。
    勝ったイランは逆転で首位に躍り出て、2大会ぶり4回目の出場を決めた。
    韓国も敗れはしたが、ウズベキスタンを得失点差で上回り、2位を死守。
    8大会連続9回目の本大会出場を決めた。

    だが問題が起こったのは、試合後、イランの選手が喜びながらグラウンドを
    駆け回っている時だった。
    興奮したイランの選手1人が、ベンチ前で落胆する韓国イレブンの前に走っていった。
    その際、韓国人スタッフとみられる2人がこのイランの選手を殴るような仕草で追い払ったのだ。

    イランの選手が挑発したという可能性もあるが、
    “暴行”と取られかねないシーンが映像に記録されおり、今後何らかの処分が下る可能性がある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-01120491-gekisaka-socc

    動画
    http://www.youtube.com/watch?v=eZmDMBMxJSc&feature=youtu.be&t=13s

    PYH2013061813060005700_P2

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371605952/


    【韓国代表スタッフがイラン代表選手に暴行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    FIFAワールドカップ ブラジル2014 アジア最終予選 A組

     韓国 0-1 イラン  [蔚山]
    0-1 グーチャンネジャド(後15分)
    ◇ イランは4回目、韓国は9回目のW杯出場

    http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/asia/matches/round=257777/match=300191836/

     ウズベキスタン 5-1 カタール  [タシュケント]
    0-1 アダム(前37分)
    1-1 ナシモフ(後15分)
    2-1 ゾテエフ(後27分)
    3-1 ナシモフ(後29分)
    4-1 アフメドフ(後42分)
    5-1 バカエフ(後45+1分)

    http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/asia/matches/round=257777/match=300191840/

     A組      勝点 得失差 得点
    イラン       16   +6    8 ☆
    韓国.        14   +6   13 ☆
    ウズベキスタン 14   +5   11 PO
    カタール      7   -8    5
    レバノン.        5   -9    3

    http://www.fifa.com/worldcup/preliminaries/asia/standings/

     アジアのW杯出場枠は4 or 5。 各組2位までの4か国が決まり、
    3位同士による5位決定プレーオフの勝者が、南米5位との大陸間プレーオフへ進む。

    20130618231117563

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371568037/

    【韓国に完全勝利したイラン代表、試合後イラン代表キーパーが暴行を受ける場面も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    [1/2]
    「復しゅうはサッカーでする。血には汗で応える」--。
    サッカーイラン代表のカルロス・ケイロス監督は17日、
    蔚山(ウルサン)文殊ワールドカップ(W杯)競技場で行われた記者会見で
    冷静な姿を見せた。
    しかし孫弘敏(ソン・フンミン、レバークーゼン)が数日前、
    「イランのネクナムの目から血の涙を出させる」と発言したことに対しては
    コメントした。

    ケイロス監督は「30年間、英国やスペインなどで監督をしてきたが、このような
    血と復しゅうのサッカーは経験したことがない。もうやめるべきだと思う。
    復しゅうはサッカーで、血には汗で応える」と述べた。

    イランの主将ネクナム(エステグラル)は
    「孫弘敏の発言に対して直接コメントする必要は感じない。
    しかし付け加えていうなら、血の涙は特別なものでもない。
    母国のために命を捧げることもできる」と受け返した。

    ケイロス監督も続いた。
    ケイロス監督は韓国のレンタカーの運転手が道に迷ったことで、記者会見への到着が
    遅れた。ケイロス監督は「申し訳ない」と繰り返し謝りながらも、
    「チェ・ガンヒ監督だったら抗議して舌戦を繰り広げただろうが、私はそうでない」
    と語った。

    ソースは 
    http://japanese.joins.com/article/850/172850.html?servcode=600§code=610&cloc=jp|main|inside_right 

    -続きます-


    kimages

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371529801/ 【イラン監督「復讐はサッカーで、血の代わりに汗で」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014年サッカーW杯ブラジル大会アジア最終予選のグループAでは、18日に直接対決を控える
    イランと韓国の間で激しい舌戦が繰り広げられており、イランのカルロス・ケイロス監督は12日、
    韓国代表監督を「恥知らず」と批判した。

    イラン学生通信によると、ケイロス監督は韓国について、
    「崔康煕(Choi Kang-Hee、チェ・ガンヒ)のコメントは韓国サッカーの恥。あの男は
    イランの選手とコーチ陣への敬意を欠いている」と発言したと伝えている。
    「イランで行われた試合で不当な扱いを受けたと不満を口にしているそうだが、我々は最高の施設を
    用意した」

    ■韓国代表監督、アウェーの洗礼を浴びせたイランに「苦痛を与える」
    韓国代表の崔監督がアウェーでのイラン戦について不満を並べた末に、今度はイランに
    「苦痛を与える」と火に油を注ぐ発言をしたことで、両チームの緊張感はこれまで以上に
    高まっている。

    2012年10月にテヘランに遠征した韓国は、ビザ発給の問題や粗悪なトレーニング施設、
    試合中の危険なタックルなどに苦しみ、試合もイランに0-1で敗れた。
    崔監督はアウェーで受けた仕打ちを選手はまだ鮮烈に覚えていると話しており、8大会連続の
    W杯出場へ向け、復讐の機会をうかがっていると語った。
    11日のウズベキスタン戦後に崔監督は、報道陣に対して「選手全員がテヘランで受けた
    ひどい仕打ちを覚えている。今度はイランに苦痛を与えなければならないと考えている」と
    コメントした。

    ソースは 
    http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2950069/10897602 


    -続きます-


    123609hp2

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371095059/ 【「韓国代表監督は恥知らず」 イラン代表監督が批判】の続きを読む

    このページのトップヘ