三浦知良


    【セルジオ越後コラム】カズの偉業に嬉しさ半分

    3日に行われたJ2第22節で、横浜FCのカズがゴールを決めた。
    まさかの試合開始16秒。今季初シュートだったというからなおさら驚きだ。
    映像を見返してみると、キックオフ直後でDFが緩い対応をしているとはいえ、見事なトラップだったし、
    シュートも素晴らしかったね。46歳4カ月7日でのゴールは祝福せざるをえないよ。
     
    翌日のスポーツ紙の一面はカズだった。
    ここで思ってしまうのが、カズ以外に一面を取れるJリーガーはいるか、Jリーグの話題があるか、ということだ。
    残念ながらいないだろうね。
    スター不足というか、いまだにカズのネームバリューを超えられない現状を憂えたくもなる。
    そういう意味で、カズのゴールは嬉しさ半分、裏側には大きな問題が潜んでいると思えるね。
     
    Jリーグのスターがなかなか出てこないのは、興行ありき、興行を先行するという日本の文化も
    多分に影響しているんじゃないかな。視聴率や売れ行きがすべての社会の中では、
    スポーツもひとつのバラエティコンテンツでしかないから、とにかく視聴率の取れる話題、名前に飛びつく。
    ものの本質は二の次という感じだね。

    だから、自分たちで文化を育てるのではなく、消費するという発想しかない。
    カズに割く紙面を、もう少し例えば柿谷曜一朗に使ってもいいんじゃないか。
    そうやって育てていくことも、メディアの仕事の一つだと思うよ。

    また、46歳を超えて得点するのは確かにビッグニュースではあるけど、カズのシーズンを通しての活躍を見れば、
    必ずしも満足いくものではないよね。それをメディアやファンが指摘するかどうか。
    日本が追いつきたいと思う強豪国、例えばブラジルではそんなことはありえない。
    スターを大切に扱うのはいいけど、必要以上に持ち上げることは、カズ自身も望んでいないはず。
    カズの偉業に、嬉しさ半分、考えること半分だ。

    セルジオ越後コラム 2013年07月06日14時51分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7833720/


    Koki%20NAGAHAMA

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373104733/
      【セルジオ越後「カズ以外にスポーツ紙の一面を取れるJリーガーはいるか、残念ながらいないだろうね」】の続きを読む


    アントニオ猪木の参院選出馬ニュースが話題となっているが、これは氷山の一角……。
    実は各政党が有名スポーツ選手に水面下で交渉を持ちかけていた!
    「自民党は、K-1の元人気選手・佐竹雅昭を擁立しますが、小物感は否めない。
    ほかに、フィギュアスケート金メダリスト・荒川静香や、バラエティー番組でも人気のプロレスラー・佐々木健介にも打診したという話です。
    佐々木は、かつてタッグを組んでいた馳浩代議士が接触したが、色よい返事はもらえなかったようです」(スポーツ紙記者)

    参院選は比例代表があるので、大物候補で浮動票を上積みできれば、党の集票に直結するため、各政党が躍起になっている。
    それもスポーツ選手が狙い目だ。「近年は、タレント候補よりも浮動票を集められます」(前同)

    なかでも、党の存続をかけて起死回生策を巡らせているのが民主党だ。
    「日韓W杯の開催などに尽力した議員の多い民主党は、サッカー界との繋がりが深い。
    ラモス瑠偉や岡田武史・元代表監督にも懇願したようですが、まあ、落ち目の民主党からでは、首を縦には振らないでしょうね」
    (全国紙政治部記者)

    いまや国民的競技として定着したサッカーだけに注目度は高く、永田町ではこんな声も聞こえてくる。
    「注目は三浦知良で、政界転身となれば、インパクトは桁違い。
    自民も民主もカズの引退に備え、一昨年から接触しているとの有力情報もあります」(前同)

    さらに、意外な美女アスリートの名前まで浮上しているという。
    「高橋尚子ですよ。人気は当然、爽やかさと親しみやすさは他の追随を許さない。
    自民党が、陸連とのパイプがある森喜朗・元首相を通して要請をしているようですから、サプライズもあり得ます」(陸連関係者)

    選挙の鍵を握るのは浮動票とはいえ、候補者選びは慎重にやってくれ!(週刊大衆7月1日号)

    週刊大衆WebMagazine 2013年06月26日08時00分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7800499/

    kazu

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372240698/


    【自民党と民主党がカズ(三浦知良)に接触か…】の続きを読む


    カズのゴールも生まれた日伊OBマッチはドロー、バッジョは出場かなわず「ごめんなさい」
    SOCCER KING 2013年6月9日(日)16時34分配信

     9日、「日本・イタリアOB戦 Jリーグ レジェンド プレーヤーズ対グロリエ アッズーレ」の試合が国立
    競技場で行われた。

     日本OB選抜は元日本代表MFの水沼貴史が監督として率い、元日本代表MFのラモス瑠偉や前園
    真聖に加え、特別ゲストとして横浜FCに所属する三浦知良が出場。一方のイタリアOB選抜は、監督
    兼選手を元イタリア代表FWロベルト・バッジョが務め、フランコ・バレージやアレッサンドロ・コスタクルタ、
    アンジェロ・ディ・リーヴィオ、クリスティアン・ヴィエリらが出場した。

     キックオフ前にはジュビロ磐田でのプレー経験があるサルヴァトーレ・スキラッチに加え、マルコ・マテ
    ラッツィ、ヴィエリなどがインタビューに応え会場を盛り上げ、ロベルト・バッジョと特別ゲストとして参加
    した三浦知良が旧交を温める場面も見られた。

    http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20130609/115339.html 
    ▽日伊OBマッチに参加した三浦知良とロベルト・バッジョ 

    KANE9155-500x333

    >>2につづきます。

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1370764369/
    【カズのゴールも生まれた日伊OBマッチはドロー、バッジョは出場かなわず「ごめんなさい」】の続きを読む


    横浜FCのFW三浦知良の夫人でタレントのりさ子さんが、ブログで長男が
    ブラジルに渡ったことを明かした。

    「春休みは我が家は1人足りなく寂しいです!長男良太が、ブラジルに行ってます!」と
    明かしたりさ子夫人。「お父さんと同じ15歳で」と高校1年生で単身ブラジルに渡った
    夫と重ね合わせた。カズも喜んでいる様子で、「30年前の主人の状況とは全然違いますが、
    主人も良太が、ブラジルに興味を持ちはじめたことが嬉しい様子」と綴っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130330-01116109-gekisaka-socc


    1097327

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364649882/

    【三浦知良の長男・良太が父と同じ15歳でブラジル渡航】の続きを読む


    20年目の開幕を迎えたJリーグ。当然、注目されるのは優勝争いだが、週プレはJ2・横浜FCでプロ生活
    28年目のシーズンを迎えた46歳のカズこと三浦知良にあえて注目したい。年齢を重ねるごとにカッコよさを
    増す、ジャンルの枠を超えたスーパースターの魅力とは……?

    キング・カズが独自の流儀を貫いているのは、サッカーだけの話ではない。彼を語る上で、絶対に避けて通
    れないのが“ファッション”へのこだわりだ。「オシャレが僕のストレス解消法」と語るキング・カズは、どんな
    シチュエーションでも己のスタイルを決して崩さない。

    外出するときは、基本スーツ。サングラスをかけ、ボルサリーノの帽子をかぶり、そして冬は長めのマフラーに
    手袋をコーディネート。そのスタイルは、キング・カズが憧れる映画『ゴッドファーザー』の世界そのものだ。

    そのスタンスは、自分の子供に対しても変わらない。授業参観日、キング・カズは派手なスーツとサングラス姿で
    学校へ。息子に「サングラスだけは外して!」と怒られるも、キング・カズはブレない。子供がもんじゃ焼きを
    食べたいと言っても、「スーツが汚れるから」と拒否。それが、キング・カズの流儀なのだ。

    また、一切の妥協を許さないキング・カズは、洋服もすべて自分で管理。妻・りさ子夫人には絶対に
    触らせないし、ハンガーにかけるのも、クリーニングに出すのも、すべて自分。洋服への愛情はハンパなく、
    都内に洋服専用のマンションを購入するほどだ。

    そう、キング・カズの“突き抜け方”は、凡人には理解できないのだ。ネクタイは下の細いほうを長くしたり、
    パジャマにストールを巻いて寝ることもあるという。想像の範囲を超越しているのが、キング・カズなのだ。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2013/03/06/17502/

    o0314045012366782393

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1362525161/

    【キング・カズ(46)がもんじゃ焼きを食べない理由は「スーツが汚れるから」】の続きを読む

    このページのトップヘ