本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    “不振”香川に本田の悪影響を指摘する声
    2013年12月29日 16時00分

    【イングランド・プレミアリーグ】
     マンチェスター・ユナイテッドの日本代表FW香川真司(24)が28日、ノリッジ戦に先発出場した。前節から中1日、
    5試合ぶりの先発出場だが、今季はまだ無得点、しかもアシストもゼロという香川の現状について、イタリアの名門
    ACミラン入りするMF本田圭佑(27)の“悪影響”と指摘する声が噴出している。来夏のブラジルW杯へ向け苦境に
    立たされる「日本の10番」に一体何が起きているのか。

     今季の香川はマンUでコンスタントに試合に出られていない。その理由を公認代理人の一人はこう指摘する。
    「香川は本田を意識しすぎではないか。もっと自分らしくやらないといけない。自分がチームを引っ張るくらいの
    気持ちにならないとダメだろうな」

     同代理人によると、その顕著な例が香川が日本代表として臨んだ10月のべラルーシ戦(0―1で敗戦)にあるという。
    同戦では終盤に194センチのFWハーフナー・マイク(26=フィテッセ)が投入された。攻撃の起点を作るため長身
    FWにボールを合わせるのが定石だが、なぜか本田がパスを出さないでいると、香川もCKの際、ショートコーナーを
    選択するなど、ハーフナーに合わせようとしなかった。

     同代理人は「本田がハーフナーを嫌っているのは試合を見てても何となくわかるけど、香川までとは…ね。あのクラス
    の選手であれば、ハーフナーが入った時点でどんなプレーをすればいいのかわかっているはず。仲がいい本田の影響
    を受けているのかもしれないけど、それはどうなのかな」。

     もちろん本田や香川が故意にパスを出さなかったとは限らない。敵のマークが厳しかったり、おとりと考え、別のプレー
    を選択した可能性もある。だが、選手の間で「シンプルに(ハーフナーにボールを)上げても良かった」と疑問視されていた
    ことから考えても、本田をまねした香川の判断は最善策と言えるものではなかった。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/218832/


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388314281/
      【“不振”香川に本田の悪影響を指摘する声(東スポ)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本田“野球トレ”「バッチコーイ!」豪快スイングも

     ACミラン入りする日本代表MF本田圭佑(27)が南国で2次キャンプをスタートさせた。
    26日、スポニチ本紙が独占キャッチした。雨が降る中、1時間半のトレーニングで汗を流し、
    その後は室内練習場に移動して“野球トレ”を敢行。豪快なバットスイングや華麗な
    フィールディングを披露し、順調な仕上がり具合を見せた。
     都会のけん騒から離れた南国のピッチ。降りしきる雨の中、スタッフを従え、黙々と走る
    本田の姿があった。ダッシュやミニゲーム。1月に移籍するACミランでのプレーを
    想定するように試合時間と同じ90分間、たっぷりと汗をかいた。本田はこれでピッチを出たが、
    トレーニングはまだまだ終わらなかった。
     向かった先は室内トレーニング場。ボールとバットを見つけるやいなや
    「バッチコーイ!」と野球青年に早変わりした。本田は左のバッターボックスに立ち、
    スタッフに投手を任せて“野球トレ”が始まった。
     追い込んだ肉体のリフレッシュが目的。だが、次第に熱を帯びていった。
    「(母校の)星稜高野球部と対戦して以来やわ。8年ぶりくらい」と話したように
    大きく構えた最初の打席は三振。それでも2打席目からはしっかり適応しセンター方向へ打つ
    セオリー通りのバッティングを披露した。変化球を投げるスタッフには「逃げのピッチングか」
    と一喝。ミランで背番号10の男は、野球では“4番”?そう思わせるような豪快な
    スイング軌道だった。
     守備ではショートに入ってノックを受けた。難しいショートバウンドの打球も
    華麗なステップとグラブさばきで処理。体が切れていることを印象付けた。
    そして何よりもリラックスした姿が充実した時間を過ごせている証だった。
     12日に帰国し、休養を挟んだ後は19日に再始動。年明けからカルチョの国での
    戦いが始まる。新天地での活躍を見据え、南国キャンプでは心身のコンディションを
    整えていくことになる。

    [ 2013年12月27日 06:10 ]
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/12/27/kiji/K20131227007276480.html
    雨の中、トレーニングに励む本田(右)

    G20131227007276370_view

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388106162/


    【「バッチコーイ!」本田圭佑が“野球トレ”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    本田熱く語る「信じてくれ後悔させない」

     【ゲンク(ベルギー)12日】
     批判したいなら、俺を批判しろ! 日本代表のMF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)が「エースの自覚」を示した。
    日本は12日、現地で行われる強豪2連戦に向け、合宿をスタート。初日は右足打撲で別メニュー調整になった
    本田は、合宿地へ向かう道中にモスクワで日刊スポーツの独占取材に応じた。10月の東欧遠征では
    14年W杯の出場権を逃したセルビア、ベラルーシに2連敗。ザッケローニ監督の解任論も出ている中で
    「邪魔をせんといてくれ」などと熱く語った。

     言っておきたいことがあった。日本代表合宿に合流する前に、どうしても…。

     「すごい(日本代表が)批判されていることをちょこっとは聞くけど、正直なところ、俺はあんまり分かってないんよね。
    デカく出ているニュースでくらいしか、分かっていない」

     語り始めは冷静を装っていた。雑音はなるべく耳に入れたくないが、それでも自然と聞こえてくる。
    10月の東欧遠征で噴き出したザッケローニ監督の解任論。それによる、代表の仲間へと伝染する
    おびえや、不安感。それを危惧した。

     「どちらにしてもさ、世の中は監督を代えろだとか(安易に)批判しているだけやろ。サッカー協会の前で、
    デモを起こしてさ。10万人が集まって…と、なってるんか? ただネット(上)でたたいているだけやろ。
    みんなで、そんな雰囲気(解任論)が出るようにしてるだけやろ。そんなんで監督は代わらんし、メンバーも代わらん」

     さらに続ける。

    (つづく)
    [2013年11月13日8時4分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20131113-1217516.html
    リニューアルした公式トレーニングウエアに身を包み、真剣な表情で長友と話し込む本田
    sc-nt-20131113-5-ns-big

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1384331390/


    【本田圭佑、熱く語る「信じてくれ後悔させない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    MF本田圭佑(CSKAモスクワ)にとっても、待ちわびたストライカーの“到来”だったようだ。
    8月14日のウルグアイ戦(2-4)に続いて柿谷が1トップ、本田がトップ下に入った。

    後半5分、左サイドを縦に突破したDF長友佑都のクロスにファーサイドから走り込んだ本田が頭で押し込む先制点。
    「何よりもボールがよかった。ファーは意識していた」。均衡を破る2戦連発弾にも「特に競り合うこともなく、
    ボールに当てにいっただけなので。でも、ああいうのも強い相手とやると、どうですかね。
    (ブラジル代表の)ダビド・ルイスとかだったら、(相手が)触っていたんじゃないかなという気がする」と淡々と語った。

    後半21分には本田の浮き球のパスからFW香川真司、柿谷とつないで本田がシュート。
    同24分にも香川、本田、柿谷と細かく回して最後はFW工藤壮人が決定的なシュートを打った。
    「よかったシーンではあった。ああいうシーンを増やしていきたい」。柿谷や工藤といった新戦力を加えた攻撃陣
    の連係もスムーズさを増していた。

    「(前回のウルグアイ戦と比べて)相手も違うので。そこで改善されたというのは楽観的過ぎると思う」。
    グアテマラ相手に良い形が出ただけで安易に喜ぶわけにはいかないが、
    「とはいえ、あまり相手に左右されずに、やることをやるという意識を(柿谷)曜一朗には事前に伝えていた。


    本田自身、東アジア杯組のプレーには賛辞を惜しまない。
    「出すものは出せていると思う。基本的に自分を出せている選手が多い。工藤もJリーグで点を取っているけど、代表でも点を取っている」。
    途中出場で結果を残した工藤を称えると、「曜一朗も点は取れなかったものの、非常にボールがおさまるし、
    ようやくこういうタイプの1トップが出てきたかという感じがする」と手放しで称賛した。

    「今までの日本代表のFWというのは両極端で、デカくてもあまり足元を得意としないプレイヤーだったり、
    逆にすごく足元がうまくても前で得点、数字を挙げられない選手だったりしていた。
    でも、曜一朗はすべてを兼ね備えている感じが見ていてする」

    (>>2以降に続く)

    記事全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130906-01124800-gekisaka-socc


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378483823/
      【本田圭佑、柿谷を絶賛「ようやくこういうタイプの1トップが出てきた。曜一朗はすべてを兼ね備えている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013年08月17日 11時00分

    14日の国際親善試合でザックジャパンはウルグアイに2―4と惨敗。その後も、その波紋は広がるばかりだ。
    エースのFW本田圭佑(27=CSKAモスクワ)が試合後に放った“J軽視”発言にJリーグ側が反論。
    FW柿谷曜一朗(23=C大阪)ら有望な国内組が台頭してきたことを例に挙げた上で、
    自身の移籍が決まらないエースを皮肉る声も出るなど、ザックジャパンのゴタゴタは続く――。

    本田は15日、白のスーツ姿で成田空港からロシアに向けて出発した。イタリアの名門ACミランへの移籍については
    「お話することはありません」。さらにミランが欧州チャンピオンズリーグ・プレーオフのPSV戦(21日)に向けた選手登録で、
    枠を1つ空けていることにも「(ミランが)欲しいと言っているのであれば、そうでしょう」とだけ話した。

    14日のウルグアイ戦では、守備面の課題が浮き彫りになった。それでも「守備的なプラン? それは違うと思う。
    進歩が後退するか分からないけど、楽しくない」と改めて、修正すべきは攻撃面と強調。
    エースはそのまま機上の人となったが、前夜に放った発言の波紋は収まらなかった。

    本田はボールを奪った後の攻撃の組み立てが日本人は苦手としたうえで
    「世界トップのクラブやリーグ、欧州CLといったレベルで何十試合、何百試合とやって身につくもの。
    Jリーグでやってる人がどうあがいても勝てない部分。だから僕は海外に出た方がいいと言ってきている」と持論を展開した。

    これをJリーグ軽視と見る向きがあったが、当のJリーグ側の受け取り方も同じだった。

    「みんなが同じ方向に行こうとしている。そこ(海外移籍)は選手個人の好き勝手な問題だと思う。
    それに海外に行っても、すぐに帰ってくる選手もいる」(Jリーグ幹部)

    >>2-3あたりに続きます

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/174023/

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1376721831/
      【本田圭佑の“J軽視”発言にJリーグ反発!「まず自分を心配しろ」(東スポ)】の続きを読む

    このページのトップヘ