柿谷曜一朗


    フォルラン 柿谷に金言「もっとシュートを打った方がいい」

     世界を知り尽くす男からの金言だ。C大阪は14日、宮崎キャンプ2日目を迎え、新加入の
    ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)は2部練習でフルメニューを消化。7対7の
    ゲームの後には、同じチームになった日本代表FW柿谷曜一朗(24)のもとへと歩み寄り
    アドバイスした。

     「もっとシュートを打った方がいい。それができるクオリティーを持っているんだから、もっと
    打っていこう。ウルグアイ代表が強いのは、そういうところ(意識)があるからなんだ」

     過去にW杯を2度制覇し、南アフリカ大会では4位となった強豪のエースにはゴール前で
    完ぺきに崩しきろうとする姿勢が納得できない。「目的はシュートであってつなぎではない」。
    実際に昨季の柿谷は34試合出場でシュート93。1試合平均で約2・7本と少ない。

     練習後には山口と扇原にも同じ助言を送ったフォルラン。何も実績だけでなく、常に全力で
    練習に取り組んでいるからこそ、言葉には重みがある。紅白戦では最初から主力組に入り、
    柿谷と2トップを形成した。「(状態は)だいぶ良くなってきているよ」。15日のJ2岡山との練習
    試合(45分×4)にも出場予定。初合流から3日目で、早くも実戦デビューを飾る。

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/15/kiji/K20140215007588550.html

    整理運動中も通訳を伴い(左から)柿谷、山口に話しかけるC大阪のFWフォルラン(右端) Photo By スポニチ

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1392422563/


    【フォルラン 柿谷に金言「もっとシュートを打った方がいい」「目的はシュートであってつなぎではない」・・・セレッソ大阪】の続きを読む


    柿谷「充実」多忙オフ TV引っ張りだこ

     日本代表FW柿谷曜一朗(23=C大阪)が充実の1年を多忙なオフで締めくくる。
    連日テレビ番組の収録に追われており、クラブ、日本代表での活躍とともに知名度も上がり、
    引っ張りだこだが「せっかくの機会なので。充実してますよ」と笑顔を見せた。
    26日は都内で、来年1月1日夜に一部地域を除いて放送される「やべっちFC正月SP」の
    フットサル対決に参加し、ナインティナイン矢部浩之らと真剣勝負に臨んだ。

     [2013年12月27日7時22分 紙面から]
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20131227-1236420.html
    都内でテレビの収録に挑んだ柿谷。右はナインティナイン矢部浩之
    sc-mh-131227kakitani-ns-big

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388106434/


    【「充実してますよ」柿谷曜一朗、連日のテレビ収録で多忙オフ】の続きを読む


    日本代表FW柿谷曜一朗(23=C大阪)に“浪速ギャル”が殺到中だ。

    ザックジャパンのエースMF本田圭佑(27)からも絶賛された柿谷を目当てに、
    C大阪の練習場には連日、黄色い声援が飛び交っているという。

    柿谷は、日本代表に初選出された7月の東アジアカップ(韓国)で大ブレークすると、
    C大阪の練習場にも連日500~600人のサポーターが詰め掛けるようになった。
    C大阪関係者によると、実に「7割が女性です」とのこと。
    夏休み期間が終わった今でも100人以上のサポーターが見学に訪れているという。

    C大阪には、ほかにもロンドン五輪組で日本代表にも選出されたMF山口蛍(22)を
    始めMF扇原貴宏(21)、FW杉本健勇(20)らスター候補生に加え、
    超イケメンFW南野拓実(18)も所属。
    柿谷を筆頭に女子学生から絶大な支持を受けており、連日1時間以上もファンサービスに取り組むという。

    これまでFW香川真司(24=マンチェスター・ユナイテッド)を始め、多くの選手を海外クラブに送り込み、
    欧州からも熱視線が注がれるC大阪は、まさに「タレントの宝庫」と言えそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000011-tospoweb-socc

    関連記事
    人、人、人。平日の練習場に足を運ぶファン・サポーターに扇原貴宏
    「注目してもらっている状況は選手にとって幸せなこと」
    http://blogola.jp/p/27143
    柿谷ら200人にファンサービス
    http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20130919-1191902.html


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1379629475/
      【セレッソ大阪練習場にギャル殺到 柿谷、南野らモテモテ・・・連日黄色い声援が飛び交う】の続きを読む


    MF本田圭佑(CSKAモスクワ)にとっても、待ちわびたストライカーの“到来”だったようだ。
    8月14日のウルグアイ戦(2-4)に続いて柿谷が1トップ、本田がトップ下に入った。

    後半5分、左サイドを縦に突破したDF長友佑都のクロスにファーサイドから走り込んだ本田が頭で押し込む先制点。
    「何よりもボールがよかった。ファーは意識していた」。均衡を破る2戦連発弾にも「特に競り合うこともなく、
    ボールに当てにいっただけなので。でも、ああいうのも強い相手とやると、どうですかね。
    (ブラジル代表の)ダビド・ルイスとかだったら、(相手が)触っていたんじゃないかなという気がする」と淡々と語った。

    後半21分には本田の浮き球のパスからFW香川真司、柿谷とつないで本田がシュート。
    同24分にも香川、本田、柿谷と細かく回して最後はFW工藤壮人が決定的なシュートを打った。
    「よかったシーンではあった。ああいうシーンを増やしていきたい」。柿谷や工藤といった新戦力を加えた攻撃陣
    の連係もスムーズさを増していた。

    「(前回のウルグアイ戦と比べて)相手も違うので。そこで改善されたというのは楽観的過ぎると思う」。
    グアテマラ相手に良い形が出ただけで安易に喜ぶわけにはいかないが、
    「とはいえ、あまり相手に左右されずに、やることをやるという意識を(柿谷)曜一朗には事前に伝えていた。


    本田自身、東アジア杯組のプレーには賛辞を惜しまない。
    「出すものは出せていると思う。基本的に自分を出せている選手が多い。工藤もJリーグで点を取っているけど、代表でも点を取っている」。
    途中出場で結果を残した工藤を称えると、「曜一朗も点は取れなかったものの、非常にボールがおさまるし、
    ようやくこういうタイプの1トップが出てきたかという感じがする」と手放しで称賛した。

    「今までの日本代表のFWというのは両極端で、デカくてもあまり足元を得意としないプレイヤーだったり、
    逆にすごく足元がうまくても前で得点、数字を挙げられない選手だったりしていた。
    でも、曜一朗はすべてを兼ね備えている感じが見ていてする」

    (>>2以降に続く)

    記事全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130906-01124800-gekisaka-socc


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378483823/
      【本田圭佑、柿谷を絶賛「ようやくこういうタイプの1トップが出てきた。曜一朗はすべてを兼ね備えている」】の続きを読む


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130902-00000001-footballc-socc
    省略あり
    イタリアの某ビッグクラブのブレーンを務めるスカウトは次のように、柿谷の映像を食い入るように
    見ながら語っていた。「(日本サッカー史上)最高の選手になる」

    「柿谷は必ずブラジル(2014年W杯)に行くだろう。のみならず、出れば必ず彼は2、3ゴールは
    決めてみせるに違いない。そうなってからでは遅い。言わずもがな、一気に移籍金が跳ね上が
    るからだ。したがって何とか市場が再開される年明けには手に入れたいのだが…」

     それでは、なぜ柿谷がここまで高い評価を受けるのか。
    「まずは何と言ってもボールを止める技術の素晴らしさ。両方の膝と足首の使い方が絶妙で
    あるがゆえの重心の低さ、ボディーバランスは実に見事だ。ボールを持った際の姿勢の良さは
    視界の広さを可能にし、ドリブルは鋭利にして滑らかだ。

     それを繰り出す(仕掛ける)タイミングもいい。前に向かう果敢な姿勢、シュートの精度も申し
    分ない。のみならず、彼は周りを活かすために必要な眼と感性を高いレベルで備えている。
    もちろん長短のパスも極めて良質だ。

     守備に難があると言われているが、そんなものは2ヶ月もあれば解消できる。むしろこれから
    さらに伸びて行く可能性に満ち満ちている。だからこそ一日も早く欧州トップレベルのクラブで
    プレーしてもらいたい。そして思う。あの彼のプレースタイルを洗練させる上で最も適した環境は
    イタリアだ。この国の老獪にして堅い守備陣と対峙してこそ彼の技は磨かれていく」

     さらに、現役時代にはあのマラドーナのマークが仕事だった元DF(現スカウト)も次のように
    語っている。
     いずれにせよ、イタリアでもイングランドでもドイツでもいい、大切なのは彼がEL(ヨーロッパ
    ・リーグ)、願わくばCL(チャンピオンズ・リーグ)の舞台でプレーすることだ。一流は最高に厳し
    い場で鍛えられてこそ超一流になる」 「本田も香川も実に素晴らしい選手だ。しかし、柿谷の
    才能はモノが違う。要は次元が違うということだ。マラドーナだけじゃない、プラティニやファン
    バステンをもマークした私が言うのだから、おそらくはそれなりの信憑性があると言えるのでは
    ないか」


    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378235754/ 【「柿谷は日本史上最高の選手になれる!大切なのは早くCLでプレーすること」セリエAスカウト】の続きを読む

    このページのトップヘ