田中マルクス闘莉王


    日本サッカー協会は15日、東アジアカップ(20日開幕、韓国)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。
    10人の初代表を選びフレッシュなチーム編成となったが、本紙評論家の元日本代表FW武田修宏氏(46)は
    Jリーグで活躍するFW佐藤寿人(31=広島)、DF田中マルクス闘莉王(32=名古屋)らの不選出に猛反発。
    今大会でザックジャパンが惨敗すれば徹底糾弾はもちろんのこと、指揮官の“解任論”を展開する構えだ。

    【武田修宏の直言】
    今回のメンバーでは空中戦に強いFW豊田陽平(28=鳥栖)に注目したい。最前線で体を張ってボールをキープ。
    攻撃の起点となり、ゴールを狙えるのか。中盤はFW柿谷曜一朗(23=C大阪)とMF高萩洋次郎(26=広島)。
    2人ともひらめきとアイデアがありアクセントになり得る存在だ。

    ただ…全体的な感想を言えば正直、がっかりだ。
    先月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)での惨敗を受け、Jリーグ得点ランキング1位(12得点)の
    FW佐藤や空中戦に強い闘莉王といった実力者の選出を期待したが、フタを開ければ若手中心のメンバー編成。
    しかも、初選出が10人でコンフェデ杯メンバー23人から19人もの選手を入れ替えた。

    私の見解では、日本代表は常に「最強メンバー」でなければならない。欧州組を招集できないなか、
    Jリーグで活躍する選手を呼び、若手を2、3人抜てき…なら理解できた。
    それが佐藤に闘莉王、DF中沢佑二(35=横浜M)、FW大久保嘉人(31=川崎)もいない。
    代表常連のMF中村憲剛(32=川崎)、FW前田遼一(31=磐田)も呼ばなかった。(>>2あたりに続く)

    東スポWeb 2013年07月18日 11時00分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/163311/


    9c0e7dfa05ef5417928e62fc5518d388

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374115207/
      【武田修宏氏が闘莉王、寿人、大久保らの落選に激怒「代表は育成の場ではない」 惨敗ならザック解任論を展開する構え】の続きを読む


    元日本代表DF田中マルクス闘莉王(32=名古屋)の代表復帰は見送られることが濃厚となった。
    20日に開幕する東アジアカップ(韓国)に向け日本代表は、新戦力を大量招集する予定。
    だが、ブラジルW杯本番を見据えるアルベルト・ザッケローニ監督(60)は
    伸びしろのある若手を抜てきする方針を鮮明に打ち出した。
    闘将不選出という指揮官の決断は、日本サッカー界に大きな波紋を広げそうだ。

    コンフェデレーションズカップ(ブラジル)で3試合9失点。DF陣の課題が浮き彫りとなったザックジャパンには、
    キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(横浜FC)をはじめとする代表OBや評論家たちから、
    DF闘莉王の代表復帰を求める声が相次いでいる。

    日本代表が臨む東アジアカップでは欧州組を招集できないこともあり、
    不振だったDF吉田麻也(24=サウサンプトン)の代わりとして、闘莉王の選出が期待される。
    実際に本人も意欲的で「ボクもできることがあればいつでも。必要とされたら、スタンバイしている」と猛アピールした。

    しかし、日本代表スタッフは「いろいろと言われているよ。もちろん闘莉王のことはチームでも常にチェックしている。
    ただ彼の場合、最近のパフォーマンスはどうなのか? ということだね」と、
    今大会での代表復帰について否定的な見解を示した。

    実際、今季の名古屋はJリーグ13試合で3勝3分け7敗の14位と低迷しており、リーグ戦では現在5連敗中。
    しかも得点15に対し、失点は20とDF陣の弱体化が指摘されている。
    その責任の一端が守備の要である闘莉王にあるといっても過言ではない。

    また東アジア杯に向けてはザッケローニ監督の意向で
    「ブラジルW杯を見据えて、1年間で成長の余地がある選手が候補になってくる」(同スタッフ)。
    若手選手を抜てきする方針だけに、ロンドン五輪でベスト4に貢献したDF鈴木大輔(23=柏)らの選出が有力視される。

    それでもザッケローニ監督が待望論のある闘莉王を選出しないとなれば、周囲からの反発は必至。
    コンフェデ杯で惨敗したこともあり、各方面から批判を浴びかねない。(>>2あたりに続く)

    東スポWeb 2013年07月07日 11時00分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/159197/


    thurio

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373188404/
      【東アジアカップ 闘莉王の代表復帰は見送りへ…周囲からの反発は必至(東スポ)】の続きを読む


    松井、闘莉王が魅せた! 復興支援マッチはTEAM AS ONEが勝利!!
    ゲキサカ 6月16日(日)16時50分配信

     午前中の雨がウソのように上がり、晴れ間すら覗いた国立競技場で、
    東日本大震災復興支援2013Jリーグスペシャルマッチが行なわれた。
    ベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、東北出身選手、
    そして海外クラブで活躍する選手たちで構成されるJリーグTEAM AS ONEと
    J1全クラブからファン投票によって選出されたJリーグ選抜による一戦だ。

     試合は前半10分にFW佐藤寿人(広島)が先制点を挙げて、
    Jリーグ選抜が先制する。対するTEAM AS ONEも
    MF松井大輔(スラヴィア・ソフィア)を中心に反撃を見せ、前半41分には、
    その松井がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。
    後半25分にはMF金崎夢生(ニュルンベルク)がゴールを決めて、逆転に成功。
    終盤にはFWに闘莉王(名古屋)を投入して反撃を目指したが、
    同点ゴールは挙げられず。TEAM AS ONEが2-1で勝利している。
    (以下はリンク先で)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130616-01120379-gekisaka-socc

     Jリーグ TEAM AS ONE 2-1 Jリーグ選抜  [国立競技場 41246人]
    0-1 佐藤 寿人(前11分)
    1-1 松井 大輔(前41分)
    2-1 金崎 夢生(後25分)

    http://web.gekisaka.jp/396283_120378_fl

    Jリーグ公式:http://www.j-league.or.jp/specialmatch/


    tv1371367069269

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371382630/ 【松井大輔や闘莉王らが魅せた! 復興支援マッチはTEAM AS ONEが勝利】の続きを読む


    吉田麻也がケネディと“舌戦”「麻也は2番目」「アホか!見とけよ!」
    デイリースポーツ 6月2日(日)20時23分配信

     DF吉田が、かつての盟友と“舌戦”を繰り広げた。オーストラリア代表FWケネディとは、
    09年にJ1名古屋で一緒にプレー。埼玉県内で取材に応じたケネディが「日本のストロング
    ポイントは吉田麻也、日本のウィークポイントも吉田麻也だ」と語ったと伝え聞くと
    「いじってるだけでしょうけど、(高さは)アジアではケネディが一番だと思う。出て
    きたらしっかり止めたい」と意欲を見せた。

     さらに、ケネディの「日本最強のDFは闘莉王。麻也は2番目だ」との言葉には応戦。
    「アホか!!、見とけよ!!」と苦笑しながら闘志を燃やしていた。

    吉田麻也がケネディと“舌戦”「麻也は2番目」「アホか!見とけよ!」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000070-dal-socc


    org4242635

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1370176612/ 【ケネディ「日本最強のDFは闘莉王。麻也は2番目だ」→吉田「アホか!!、見とけよ!!」】の続きを読む


    名古屋グランパスのDF田中マルクス闘莉王(31)が27日、
    愛知トヨタ協賛による2012年の「グランパスランクル賞」
    受賞のお礼のため、名古屋市内の同社を表敬訪問。
    あらためて日本代表復帰への意欲を口にした。
    同代表は26日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選のヨルダン戦で
    守備の乱れから2失点して敗れた。“闘莉王待望論”の高まりが予想される中、
    「いつでも準備はできている」と意気込みを語った。

    ザックよ、オレを呼んでくれ!! 引き分け以上でW杯出場が決まった
    ヨルダン戦の敗北から一夜明け、元日の丸戦士の闘莉王が現在の胸中を明かした。

    「オレは(海外組じゃなく)Jリーグでプレーしているし、
    どうかなという思いはあるけど、いつでも準備はできている」。
    代表復帰の願いを静かに語った。

    ヨルダン戦では前半にCKから簡単に先制を許し、
    後半にはDF酒井高と吉田のルーズな守備を突かれて加点された。
    守備の不安が露呈した今、Jリーグ最強DF・闘莉王の動向に
    注目が集まるのは自然の流れだ。

    闘莉王は「代表も頑張っているけどね。今ならまだミスは許される。
    本大会になったらそうはいかない」。2010年南アフリカW杯での
    獅子奮迅の活躍は記憶に新しい。
    ザックジャパンには2010年秋以来招集されていないが、
    修羅場を知る男の復帰は間違いなくプラスになる。

    昨オフ、ブラジルへ帰郷した際に、両親から「来年のW杯には出られないの?」と
    繰り返し尋ねられたという。ブラジルで行われるW杯で“故郷に錦”を
    飾ることができれば、最高の親孝行になる。日の丸にこだわる理由はここにもある。

    23日のナビスコカップ鳥栖戦は左足痛で欠場したが、既に全体練習に合流し、
    コンディションは上り調子。「グランパスで結果を出すことが一番。
    先のことは考えない。考えられる性格でもない」と笑う。
    圧倒的なパフォーマンスを続ける闘莉王に、ザッケローニ監督の目が留まるか。
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201303/CK2013032802000099.html


    94149c2d834563c9f1e7ba3b9acdc73d

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1364429575/

    【名古屋グランパス・田中マルクス闘莉王、代表復帰に向けて 「いつでも準備はできている」】の続きを読む

    このページのトップヘ