長友佑都


    セリエA第17節が22日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはミランと対戦し、
    ロドリゴ・パラシオの決勝点により、1-0で勝利した。

    試合後、インテルのエリック・トヒル会長は、以下のように喜びを語った。クラブの公式HPが伝えている。
    会長就任後、初めてのダービーで勝利を味わったことには、「素晴らしい試合にしてくれた選手全員に感謝している。
    信じられないくらい最高のファンにもお礼を言いたいね。本当に素晴らしい夜だった」とコメント。
    「おかげで、みんな幸福感に満ちて、クリスマスを過ごすことができるだろう」と喜んだ。

    また、「パラシオが今夜決めたのは、今シーズンの全リーグで最も優れたファインゴールではないかと思う。
    極上のヒールキックだったね」と得点者を称えるとともに、
    「(ハビエル)サネッティ、(エステバン)カンビアッソと長友はこのチームのリーダーだよ」と、
    キャプテンマークをつけた3選手についても言及した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131223-00156959-soccerk-socc

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1387761895/


    【インテルのトヒル新会長、キャプテン務めた長友を称賛「チームのリーダー」】の続きを読む


    代表DFの拙守に拍車をかける長友の下半身
    手術拒否が裏目?

     日本代表の主力、長友佑都(26=インテル)の周辺で不穏な噂が流れている。
    今年2月に左膝半月板損傷の大ケガを負った後、治療に失敗して完治せず、
    半年たった今もパフォーマンスが低下したまま――というのだ。

     内視鏡手術を避けて保存治療を選択した長友は4月中旬に復帰した。
    しかし、出場時間8分間でリタイア。左足を引きずりながらピッチを後にした。
    まだ違和感が残っているのに強行出場したのが裏目に出たのである。

    「チームドクターは手術を勧めたみたいだが、長友は断固としてメスを入れることを避けた」(サッカー記者)

     その後は「回復した」と長友本人は公言したものの、今月14日の親善試合ウルグアイ戦の前日に
    「右太ももに張りがある」と訴え、その日のうちに欠場が決まった。

    「ザッケローニ監督というのは、少々のケガや疲れなどで欠場は認めない。
    それだけにあっさりと欠場が決まった長友の周辺から『古傷の左膝の調子が思わしくない。
    痛みがない日もあれば、いきなりブリ返して何日も痛みが取れないこともある。
    長友自身も相当に悩んでいる』という話が聞こえてくるようになった」(前出記者)

     実は、以前から日本代表のチームメートは「佑都の左膝は治ってないんじゃないの?」
    といぶかっていた。相手選手を抜く際の一瞬のスピードが鈍り、長い距離を走ってからの
    クロスの精度も低下。さらには無尽蔵の体力を誇っていたのに試合終盤、
    肩で息をするようになったからである。

    「とにかく膝の故障はやっかい。どうしても故障した部位をかばいながらプレーすると、
    腰や膝に負担がかかって痛みが他の箇所にも広がる。それがスピードやキレの衰えを招いてしまう」(前出記者)

     長友が長期リタイアとなると失点病に悩む日本代表は大ピンチとなる。

    http://gendai.net/articles/view/sports/144172
    80328f1161e5c9f33bf2b088c4469670

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1377277712/


    【日本代表DFの拙守に拍車をかける長友の下半身…手術拒否が裏目?(日刊ゲンダイ)】の続きを読む


    長友がインテルの顔に…ナイキ新ユニフォームのモデルで登場

     ナイキが2013-2014シーズンのインテルのホーム、アウェイユニフォームを発表した。発表された
    画像には、日本代表DF長友佑都が登場。アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス、クロアチア代
    表MFマテオ・コヴァチッチ、アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオとともに、新ユニフォームを着用
    したモデルとなっている。

     ユニフォームはインテルの本拠地であり、 また世界随一のファッション都市であるミラノからイン
    スピレーションを受けてデザインされた一着。新ユニフォームの特徴は、全体に細心の注意が払わ
    れて作られていること。ホームユニフォームは、少し暗めのブルーのストライプが縦に入ったスタイ
    リッシュなデザインに仕上げられ、ストライプの太さは、エレニオ・エレーラ監督の下、カップウィナー
    ズカップで初優勝した50年前のシャツを彷彿させる。 首回りはバンドカラー(グランドファーザーカラ
    ー)と呼ばれるスタイルで、背中部分にはハイファッションに影響を受けたおしゃれな挿し色が入っ
    ている。また、シャツの両サイドには切れ込みが入り、ブラックの裏打ちが施されている。

     一方のアウェイユニフォームはよりスタイリッシュで洗練され、古典的な紳士服の影響が感じられ
    るデザインとなっている。 ブルーの襟、袖口のブルーとブラックの2本のストライプ以外は全面的に
    ホワイトが用いられ、襟にはバンドカラー、背中にホワイトが挿し色として使われている。ショートは
    ホワイトで、サイドにブルーのストライプ入り。ソックスも同様にホワイトを基調とし、裏にはブラックと
    ブルーを使ったストライプが縦に入っている。

     ホーム、アウェイユニフォーム両方の首の内側には、“スタイルとファッションの都”ミラノ市の紋章
    に使われているホワイトにレッドの十字架模様入り。 技術的にイノベーションを続け、プレーヤーの
    パフォーマンス向上に貢献したいというナイキの意欲を反映させたユニフォームだ。

    http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20130711/122279.html
    インテルの新ユニフォームのキービジュアルに長友佑都が登場
    20130711-00122279-soccerk-000-1-view

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1373538886/
      【長友がインテルの顔に…ナイキ新ユニフォームのモデルで登場】の続きを読む


    欧州リーグで活躍するサッカー日本代表DF長友佑都(26)、FW岡崎慎司(27)、
    MF清武弘嗣(23)の3人が、アサヒビールのアルコール飲料「アサヒ オフ」の
    新CM「ソーセージ」篇に出演。8日から全国でオンエアされる。

    撮影は青空の下、緑に囲まれた屋外で。長友がソーセージを岡崎と清武に振る舞うと、
    2人は長友をよそに飲食に夢中に。そんな姿に、長友が「おい!」とたしなめ、2人が
    申し訳なさそうにソーセージを勧め、最後は3人で「アサヒ オフ」を楽しむというストーリーだ。

    長友は、テレビ初のエプロン姿で登場。撮影後に「一番ソーセージが似合うのは自分だ」と
    “肉食男子”を宣言すると、清武も「ガツガツしている感じが長友さんかな」と続き、コメントでも
    “名アシスト”した。

    「アサヒ オフ」は販売好調で1-6月累計で前年比105%を達成。
    9カ月連続(6月まで)で前年を上回っている。商品の好調にあわせ、
    3人の活躍にも期待だ。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130703/oth13070304030012-n1.html

    動画 
    http://cm.asahibeer.co.jp/contents/movie/off_sausage_30/player/index.php

    画像:エプロン姿でソーセージを振る舞う長友佑都

    oth13070304030012-p1

     
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1372796871/


    【長友、肉食男子宣言!岡崎&清武が“アシスト”…アサヒビールのアルコール飲料「アサヒ オフ」新CM】の続きを読む


    コンフェデ杯1次リーグA組 日本1―2メキシコ (6月22日 ベロオリゾンテ)

     長友は左ふくらはぎを痛めて後半32分に退いた。「後半途中からは動けなかった。
    (もともと)ちょっと張りがあってケアしていたところ。大丈夫」。5月に左膝の負傷から
    復帰したばかりだけに再発を心配されたが、軽症を強調した。

     前半は左サイドを駆け上がって本田にクロスを送ったシーンもあったが、攻撃参加の
    回数は多くはなかった。「コンフェデ杯で個人的にはチームのためになれなかった。
    アシストもしていないし、悔しい」と反省を口にした。

     ▼吉田の話 セットプレーは(昨年の)五輪とまったく同じ形で失点している。
    メキシコはあれを狙っていた。詰めが甘かった。

     ▼内田の話 メキシコは徐々に(流れを)引き込む力がある。なんだかんだで強い。
    ちょっとレベルが上がると勝てない。それが現実。(共同)

    引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/06/23/kiji/K20130623006072430.html
    スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/


    BNbA1yfCIAEDcza

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371988323/
      【長友「ちょっと張りが…」左ふくらはぎ負傷も軽症強調】の続きを読む

    このページのトップヘ