香川真司


    モイズ監督の過ちは香川使わなかったこと

    英マンチェスター・イブニング紙(電子版)は27日、
    「マンU・モイズ監督が犯した10個の過ち」という記事を掲載。
    そのうちの1つ、「ビッグネーム選手を苦悩させた、使わなかった」
    の中で日本代表MF香川真司(24)について触れた。

    記事によると「香川の力を最大限に引き出すことができず、
    今夏に放出することは避けられなくなった」という。
    また多くの選手が期待を下回るプレーを見せており、
    ルーニーの調子が上がったことだけが、
    モイズ監督下での最良の出来事だったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140228-00000014-nksports-socc


    zW42QMV

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393576384/
      【モイーズ監督の過ちは 「香川を使わなかったこと」】の続きを読む


     マンチェスター・ユナイテッドのMF香川真司(24)が、
    カテゴリー最速で2億本を突破したキリンビールの新ジャンル
    「キリン 澄みきり」の新CMで、スーツ姿ながら抜群の足さばきを見せている。

     CMでの香川は、周囲の期待とは裏腹に自分のサッカーに
    自信が持てないという設定。帰宅後友人からかかってきた
    「期待しているよ!」という電話に「そんなカンタンに言うなよ…」と
    つぶやき、冷蔵庫から澄みきりを取り出しプルトップを引く。
    すると、場面がピッチに切り替わり、豊川悦司(51)が演じる
    「澄みきり武将」イレブンが登場、次々と香川に襲いかかる。
    だが、香川はそれをかわしゴールを決め、雄叫びを上げる。

     今回、香川と豊川は別々に撮影。香川の収録は本拠地の
    英マンチェスターで行われた。室内でのシーンでは時折NGも出たが、
    ピッチのシーンでは一流ぶりを発揮。監督が意図する動きを
    完全に再現しながら、華麗なステップを踏む姿に、
    スタッフからも感嘆の声があがった。

     一方、豊川は都内で撮影。先に収録を終えた香川の動きに合わせ、
    香川に襲いかかる“武将イレブン”を一人で演じる難しい演技だったが、
    抜群の演技力で難なくクリア。予定通りのスケジュールで
    撮影を終えることができたという。 

    06741584

    http://www.daily.co.jp/soccer/2014/02/28/1p_0006741583.shtml


    香川真司、自信喪失から見事に復活! 澄みきりイレブン相手にゴール決めて雄叫び  「キリン 澄みきり」新CM
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393574527/ 【新CM 香川真司、自信喪失から見事に復活! 澄みきりイレブン相手にゴール決めて雄叫び】の続きを読む


    モイーズ監督解任の可能性高まる 英紙報道、CL黒星で幹部考えに変化

     日本代表MF香川が所属するマンチェスター・ユナイテッドの
    モイーズ監督に解任の可能性が高まっていると、27日付の
    英紙デーリー・ミラーが伝えた。

     今季就任したモイーズ監督は、これまでクラブから
    全面的なバックアップを受けていたが、25日に敵地で行われた
    欧州CL決勝トーナメント1回戦第1戦で、
    これまで4戦全勝だったオリンピアコスに0―2で敗れたことで、
    クラブ幹部の考えが変わってきたという。
    サポーターの信頼も失っているということで、3月の
    国内リーグ・リバプール戦(16日)、欧州CLオリンピアコス戦(19日)、
    国内リーグ・マンチェスターC戦(22日)と続くホーム3連戦の結果次第では、
    解任される可能性もあるという。

     現在リーグ4位のリバプールとの直接対決に敗れると、
    来季の欧州CL出場圏の4位以上はほぼ絶望。
    オリンピアコスに敗れれば欧州CLで敗退となる。

     また同日付の英紙サンは、オランダ代表FWファンペルシーが、
    チームの現状を批判したと報道。「今の僕らはろくでもない。
    プレミアリーグはとんでもない順位(6位)だし、
    カップ戦(FA杯、リーグ杯)も敗退。欧州CLも難しくなった。
    僕らは落胆しきっている。厳しいシーズンだ」という談話を紹介。
    ファンペルシーは26日のオリンピアコス戦後に
    チームメートを批判する発言をしており、波紋は広がりそうだ。

    スポニチ:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/27/kiji/K20140227007679640.html

    Manchester United not sacking David Moyes but have grown twitchier after Olympiakos loss - Mirror Online
    http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/manchester-united-not-sacking-david-3185991

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393525751/


    【モイーズ監督解任の可能性高まる…CL黒星でマンU幹部の考えに変化】の続きを読む


    不振が騒がれるマンチェスター・ユナイテッドだが、デイビッド・モイーズ監督の解任は考えていないようだ。
    一部イギリスメディアが伝えている。
    国内のカップ戦ですでに敗退しているユナイテッドは、プレミアリーグで首位チェルシーに勝ち点15差、
    チャンピオンズリーグ(CL)出場ラインとなる4位リヴァプールに同11差の6位と苦しんでいる。
    さらに、25日のCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでも、オリンピアコスに敵地で0-2と敗れた。
    アウェーゴールを奪うこともできず、3週間後のホームでのセカンドレグを前に、敗退の危機に瀕している。
    この状況に、モイーズ監督が解任される可能性を指摘する声も上がったが、複数のイギリスメディアによると、
    オーナーのグレイザー家やエド・ウッドワードCEOは、指揮官を信頼しているようだ。
    『デイリー・スター』は、内部の人間が「クラブは完全に彼を支えている。
    彼が去るなどと言うのはまったく下らないことだ。完全にナンセンスだよ」
    「今は移行の時期で、チームを再建するのに必要な時間が監督には与えられるだろう」と話していると伝えた。
    とはいえ、経営陣もこれほどの不振に陥るとは考えていなかったという見方もある。
    夏に大金を投じてのチーム大改革を予定しているとも言われるユナイテッドだが、
    モイーズ監督は残り3カ月で周囲を納得させる戦いぶりを見せられるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000006-goal-socc


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393474558/
      【モイーズ監督の解任はなし 「クラブは完全に彼を支えている」 : 英メディア】の続きを読む


    W杯ブラジル大会まで4カ月を切り、チームづくりも最終段階に入っている。
    日本代表の10番・MF香川真司(24=マンチェスター・ユナイテッド)は、
    出場機会に恵まれずに苦境が続いている。本田圭佑(27=ACミラン)も、
    思うようなプレーができるわけではない。毎月掲載の元日本代表監督イビチャ・オシム氏(72)の提言。
    今回も名将独特の視点で欧州組について語った。
    香川に問題があるのではないので、あまり心配していない。環境の変化に適応することは簡単ではない。
    ドルトムントではNo・1で、他の選手も若かった。気の合った仲間がいて、オートマティズム
    (指示がなくとも自動的にできるコンビネーション)が存在した。マンチェスターUでは、
    チームメートの大半が年上で、しかも有名選手ばかり。香川は準レギュラーから出発して、
    周囲に合わせなければならなかった。それに香川が新しい環境に慣れつつあったところで監督が交代したことも大きい。
    マンチェスターUは優勝争いをしていた4、5年前とは違う。香川の加入はチームの若返り戦略の一環だったが、
    その後の補強はちぐはぐな印象を受ける。現代サッカーでは運動量やスピードがますます必要。
    規律あるコンパクトな組織プレー、コンビネーションの質も上がっている。そのために若い選手が必要で、
    香川が必要とされる日は必ず来る。ベンチにいるからといって、失うものはない。
    むしろ試合に出て勝てないでいる選手たちの方が消耗する。時々、代表戦でプレーして、
    自分が香川であることを忘れていないことを確認しておけば問題ない。
    本人がドルトムントに戻りたいならそれもいいが、個人的な意見を言わせてもらえば、
    もう少し(マンチェスターUでの)挑戦を続けたらどうか。バルセロナでメッシが必要とされているように、
    モダンなプレーメーカーとしての香川が必要とされる時が来る。弱点があるとすれば、コンタクトプレー。
    イングランドにいる間にフィジカルを鍛えたらいい。若手と息が合うようになれば、チャンスは来る。
    大事なのは自信を失わないこと。現在の苦しみは、少年が大人になる時に熱を出すようなもの。
    必ず過ぎ去り、一回り成長する。欧州に来た時の大志を忘れず、チャンスが来た時の準備をしてほしい。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000073-spnannex-socc


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393381013/
      【オシムの提言「香川はマンUに残れ。ベンチでも時々代表でプレーしてればいずれ時が来る」】の続きを読む

    このページのトップヘ