香川真司


    13/14 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1stレグ

     オリンピアコス(ギリシャ) 2-0 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
    1-0 ドミンゲス(前38分)
    2-0 キャンベル(後10分)
    ◇ マンUの香川真司は後半15分から途中出場

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2014/matches/live/day=7/session=3/match=2011856/
    http://www1.skysports.com/football/live/match/306074/commentary
    先発フォーメーション図
    vlfootball006380

    香川投入後のフォーメーション図

    vlfootball006381

    uefa.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/
    Yahoo!スポーツ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393367340/

      【UEFA-CL決勝T1回戦1st オリンピアコス×マンチェスター・ユナイテッドの結果 香川真司は途中出場】の続きを読む


    CLベスト16。オッズ有利もマンUにとって侮れないオリンピアコス。香川の出場は望み薄か

    マンチェスター・ユナイテッドは、25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のベスト16ファーストレグで
    ギリシャのオリンピアコスとアウェイで対戦する。
    ウィリアムヒル社のオッズを見てみると、ユナイテッドに2.25倍、ドローに3.25倍、オリンピアコスに同じく3.25倍と、
    ユナイテッド有利の配当となっている。
    そのユナイテッドは、22日のクリスタル・パレス戦で2-0と4試合ぶりの勝利を挙げてオリンピアコス戦に弾みをつけた。
    さらに、クラブと週給3000万ポンド(約5000万円)で2019年6月までの5年半という超大型契約で延長した
    ウェイン・ルーニーが、この試合で自身9試合ぶりとなるゴールを決めた事も朗報だ。契約延長とゴールによって、
    心身ともに落ち着いた状態で今後の試合に臨めるだろう。
    また、今季で退団を発表した主将のネマニャ・ビディッチが、英メディアに対して
    「私は本当に、我々がCLで特別な何かを出来ると信じている」と、語っていることからも、
    チームがCLに高いモチベーションを持っていることが分かる。
    そんななか、香川真司にとっては苦しい状況が続いている。パレス戦で2試合ぶりにベンチ入りしたものの、
    出場機会はなし。CLではフアン・マタがカップタイドによって出場資格が無いため、
    プレミアリーグよりは出場の可能性が高くなる。
    とはいえ、ここまで批判され続けているモイーズ監督にとって、汚名返上する唯一のチャンスがCLだけに、
    1月22日に行われたキャピタル・ワンカップのサンターランド戦以降、1ヶ月以上も実戦から離れている
    香川を起用する事は考えにくい。
    トップ下には引き続きルーニーが起用されることが濃厚だ。左サイドはヤヌザイと、
    パレス戦で先発を外れたヤングのどちらかが起用され、同じくパレス戦で先発を外れ、
    後半35分から出場したバレンシアが右サイドを務める可能性が高いだろう。
    http://www.footballchannel.jp/2014/02/25/post28037/


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1393302117/
      【マンU、オリンピアコスと対戦。 監督の汚名返上チャンスに香川先発はない模様】の続きを読む


    FIFA公式サイト 香川の苦悩ぶりを報じる

     FIFAの公式サイトが6日、マンチェスターUの日本代表MF香川真司(24)の苦悩ぶりを
    伝えた。

     昨季はハットトリックをマークするなど素質の高さを見せたが、今季はまだ無得点。MFマタの
    加入で出場機会が減少する可能性が高く、自信はさらに失われていくと指摘した。欧州CLを
    生中継するスカパー!の独占インタビューの言葉を引用し「香川は今季の自分の姿に“凄く
    もどかしい”と認めている」と伝えた

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/02/08/kiji/K20140208007539590.html


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1391812318/ 【FIFA公式サイト 香川の苦悩ぶりを報じる】の続きを読む


    “不振”香川に本田の悪影響を指摘する声
    2013年12月29日 16時00分

    【イングランド・プレミアリーグ】
     マンチェスター・ユナイテッドの日本代表FW香川真司(24)が28日、ノリッジ戦に先発出場した。前節から中1日、
    5試合ぶりの先発出場だが、今季はまだ無得点、しかもアシストもゼロという香川の現状について、イタリアの名門
    ACミラン入りするMF本田圭佑(27)の“悪影響”と指摘する声が噴出している。来夏のブラジルW杯へ向け苦境に
    立たされる「日本の10番」に一体何が起きているのか。

     今季の香川はマンUでコンスタントに試合に出られていない。その理由を公認代理人の一人はこう指摘する。
    「香川は本田を意識しすぎではないか。もっと自分らしくやらないといけない。自分がチームを引っ張るくらいの
    気持ちにならないとダメだろうな」

     同代理人によると、その顕著な例が香川が日本代表として臨んだ10月のべラルーシ戦(0―1で敗戦)にあるという。
    同戦では終盤に194センチのFWハーフナー・マイク(26=フィテッセ)が投入された。攻撃の起点を作るため長身
    FWにボールを合わせるのが定石だが、なぜか本田がパスを出さないでいると、香川もCKの際、ショートコーナーを
    選択するなど、ハーフナーに合わせようとしなかった。

     同代理人は「本田がハーフナーを嫌っているのは試合を見てても何となくわかるけど、香川までとは…ね。あのクラス
    の選手であれば、ハーフナーが入った時点でどんなプレーをすればいいのかわかっているはず。仲がいい本田の影響
    を受けているのかもしれないけど、それはどうなのかな」。

     もちろん本田や香川が故意にパスを出さなかったとは限らない。敵のマークが厳しかったり、おとりと考え、別のプレー
    を選択した可能性もある。だが、選手の間で「シンプルに(ハーフナーにボールを)上げても良かった」と疑問視されていた
    ことから考えても、本田をまねした香川の判断は最善策と言えるものではなかった。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/218832/


    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1388314281/
      【“不振”香川に本田の悪影響を指摘する声(東スポ)】の続きを読む


    ドルトムントがマンチェスター・Uに所属する日本代表MFの香川真司との
    再契約に向けて動き出していると、イギリス紙『メトロ』が報じている。

    香川は一昨年、ドルトムントからユナイテッドに移籍。
    しかし、今シーズンは日本代表としてコンフェデレーションズカップに参加した
    影響もあり、クラブでの満足な出場機会を得られていない。
    9月28日に行われたプレミアリーグ第6節のウェスト・ブロムウィッチ戦で
    リーグ初出場を果たしながら前半のみで交代し、3日のシャフタール戦
    (チャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節)でもピッチに立つことは
    なかった。香川自身も「このままでは生き残れない」と語り、危機感を持っている
    と告白している。

    『メトロ』は、「12月までにレギュラーとしてプレーできなければ、彼は移籍を
    考えるだろう」と報道。
    一方のドルトムントも、リーグ2連覇に貢献したこの日本代表MFの復帰を
    歓迎する姿勢を見せていて、「ユルゲン・クロップ監督は既に彼を
    冬の移籍市場におけるトップターゲットにしている」(同紙)と伝えている。

    香川のドルトムント復帰の後押しになりそうなのが、ファンの存在だ。
    オールド・トラッフォードのベンチに座る彼の姿を見たドルトムントの
    ファンたちは、ツイッターで「#FreeShinji」のハッシュタグを拡散するなど、
    “香川救出作戦”と言える行動を起こしている。

    香川とユナイテッドの契約は2016年まで残っているが、出場機会を得られない
    状況が続けば、再び黄色と黒のユニフォームに袖を通す可能性も高まってきそうだ。

    ソースは
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20131003/138727.html
    ■METRO http://metro.co.uk/sport/
     Borussia Dortmund line up January move to re-sign Shinji Kagawa
     http://metro.co.uk/2013/10/02/borussia-dortmund-line-up-january-move-to-re-sign-shinji-kagawa-4131675/

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1380778005/


    【ドルトムント、香川を冬の移籍市場で再獲得へ…英紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ