香川真司


    マンU指揮官、香川は先発定着へ「まだ道半ば」
    AFP=時事 2013年9月26日(木)11時31分配信
     【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのデビッド・
    モイーズ監督は、香川真司が先発定着へ名乗りを上げるためにはまだまだ進歩が
    必要だと語った。

     ドイツ・ブンデスリーガ1部、ボルシア・ドルトムントで活躍した香川は、25日に行われた
    イングランド、キャピタル・ワン・カップ3回戦のリバプール戦で今季2度目の先発に名を
    連ねた。試合はユナイテッドがハビエル・エルナンデスのゴールで1-0と勝利した。

     左サイドで先発した24歳の香川は試合が進むにつれてその存在感を増し、後半には
    クロスバーをかすめるミドルシュートを放ったものの、同28分にピッチを後にした。

     ユナイテッドで2年目を迎えた香川は、いまだにその真価を発揮できていないが、モ
    イーズ監督は香川が体調を万全にするために励んでいる途中だとコメントした。

    「彼はよくやった。試合の中で徐々になれていっていたと思う。満足できるところも少し
    あったし、もう少し求めていきたいところもあった。全体的にはまだ復帰の道半ばといっ
    たところだ」

    「(香川の出場時間の短さについては)多くの人が口にしているが、今日の試合を見た
    人の多くは、しっかりとフル出場するほど体調は戻っていないと言うだろう」

    Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000020-jij_afp-socc
    ▽イングランド、キャピタル・ワン・カップ3回戦、マンチェスター・ユナイテッド対リバプール。指示を出すマンチェスター・ユナイテッドのデビッド・モイーズ監督

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1380222070/


    【マンUのモイーズ監督、香川真司の先発定着について「まだ復帰の道半ばといったところだ」】の続きを読む


    マンUが香川の移籍金を65億円に設定

     ザックジャパンのエースの価値が急上昇した。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が、
    所属する日本代表FW香川真司(24)の違約金(移籍金)をなんと5000万ユーロ
    (約65億円)に設定したことが判明。日本代表の10番は選手としての評価に加え、
    ピッチ外の“商品価値”もワールドクラスであることを証明した。
     昨年6月にドイツリーグのドルトムントから移籍金1500万ユーロ(約19億5000万円)で
    マンUに加入した香川は、わずか1年で自らの価値を飛躍的に高めた。
     欧州サッカー界で事業展開する広告代理店関係者は「香川を今、獲得しようとすれば、
    移籍金は5000万ユーロ前後になるといわれている。マンUはそれほど香川を評価していて、
    現時点では売りに出すつもりがないということでしょう」と明かした。C大阪からドルトムントに
    移籍した際の移籍金が35万ユーロ(約4000万円)だったことを考えれば、その価値は
    140倍を超える。
     香川は推定年俸300万ポンド(約4億5000万円)で、2016年6月末まで
    4年契約を結んでいる。一般的に残りの契約年数が長いほど移籍金の設定は高くなるが、
    香川は1年目からイングランド・プレミアリーグでアジア人1シーズン最多記録となる
    6ゴールやハットトリックをマーク。この実績が移籍金に加味された。
     さらにはピッチ外でも高い評価を受けた。マンUは香川の獲得で「東芝」「ヤンマー」「カゴメ」
    などの日本企業とスポンサー契約を締結。今月、日本で行った2試合のプレシーズンマッチでも
    会場は“満員御礼”で人気の高さを証明。その商品価値はずぬけている。これも、超一流選手の
    証しといえる50億円超えの移籍金が設定された理由だ。
    (つづく)

    http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/168298/
    b03f6a89a0c664f520eb191fd4d19a2a

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375428466/


    【マンチェスター・ユナイテッド、香川真司の移籍金を5000万ユーロ(約65億円)に設定】の続きを読む


    [1/2]
    東アジア杯優勝の立役者、FW柿谷曜一朗(23)が29日、帰国してすぐにC大阪の
    クラブハウスに出向き、練習場でひとしきり汗を流した。
    その練習場には、古巣で自主トレ中のマンチェスター・ユナイテッド所属の
    FW香川真司(24)がいた。この2人、実は“犬猿の仲”である。

    実際、練習中に2人が絡んだのは1度。香川が「ナイスゴール」と声を掛けると、
    柿谷が「ありがとう」と返しただけ。
    香川がミニゲームに加わると、柿谷は距離を置いて別メニュー調整。
    柿谷が実戦練習に加わると香川が離れ、黙々とシュート練習を始める。
    「誰が見ても互いに“近寄りたくない”と思っている様子がアリアリ」(放送関係者)
    だった。理由はある。

    「柿谷はクラブ史上最年少の16歳でプロ契約を交わした。プロ同期に1学年上の
    香川がいた。かねて天才ともてはやされていた柿谷は香川をナメ切っており、2人とも
    寮生活だったが、柿谷は『真司くぅーん、ちょっとジュース、買ってきてぇ~』と
    香川をパシリに使っていた。今でも香川は、そのことを根に持っている」
    (前出の関係者)

    ただでさえ鼻っ柱の強い柿谷が増上慢になるのも、ある意味では致し方ない。
    4歳からC大阪の下部組織育ち。プロ1年目の06年にJリーグデビューを果たした。
    同年のアジアU―17選手権では大黒柱として12年ぶりの優勝に貢献。
    大会MVPにも選ばれた。

    柿谷にしてみたら、香川は「C大阪以外のクラブからやってきた外様選手。
    1学年上の先輩だけど実力的には格下」という存在。完全に小バカにしていた。
    しかし、07年以降、C大阪でレギュラーポジションを獲得したのは香川。
    ふてくされた柿谷は、夜更かししては朝寝坊して練習に遅刻する日々。
    スタッフが寮の自室で熟睡中の柿谷を叩き起こし、車に乗せて練習場に連れていった
    ことも一度や二度ではない。

    ソースは 
    http://gendai.net/articles/view/sports/143745 


    -続きます-


    G20130730006319990_view

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1375328978/
      【柿谷・香川 セレッソ大阪時代の“ライバル物語” (日刊ゲンダイ)】の続きを読む


    [7.23 親善試合 横浜FM3-2マンチェスター・U 日産ス]

    日本でプレシーズンのツアーを行っているマンチェスター・ユナイテッドは、23日に横浜F・マリノスと対戦した。
    ユナイテッドは2-3で敗れたが、マン・オブ・ザ・マッチ(以下、MOM)には日本代表MF香川真司が選出された。

    場内でMOMが発表されると、会場は一瞬沸き、失笑と横浜FMサポーターからのブーイング、
    そして後半にゴールを挙げたDFファビオとFW藤田祥史のコールに包まれた。
    試合後の記者会見では、ユナイテッドのデイビッド・モイーズ監督も「確かに香川選手がMOMと言えるかどうか、
    疑問に思うところはある」と、眉間にしわを寄せた。

    当の香川も「あれは…」と困惑した様子で振り返る。

    「すごくマリノスの方々に申し訳ない。真剣勝負の世界ですから。そこは日本の歴史(の浅さ)っていうのを感じます。
    そこに関しては自分自身、納得いっていない。真剣勝負の世界ですから、しっかりした判定ができてもいいんじゃ
    ないかなと思います」

    世界的なビッグクラブが来るということは、情報も世界中に配信されるということだ。
    3日後に控えるC大阪戦、誰もが納得いく形でのMOM獲得を香川自身は狙っているに違いない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130724-01122318-gekisaka-socc

    BP2qfJoCQAASAZR

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374634113/
      【マンU香川真司、マン・オブ・ザ・マッチ選出に困惑「マリノスの方々に申し訳ない。そこは日本の歴史(の浅さ)を感じます」】の続きを読む


    香川のドルトムント復帰示唆発言にサポーター大喜び「シンジが戻ってきたら、うれしくって泣いちゃうよ」
    東スポWeb 2013年7月22日(月)17時39分配信

     日本代表MF香川真司(24=マンチェスター・ユナイテッド)が日本のテレビ番組でのインタビューで
    「ドルトムントにいつかは戻りたい」と発言し、ドルトムントサポーターを喜ばせている。

     香川が“ドルトムント愛”を語ったのは20日放送のテレビ東京「FOOT×BRAIN」でのインタビュー
    だ。昨シーズン、欧州チャンピオンズリーグ決勝までたどり着いた古巣の姿に刺激を受けた香川は
    「あのチームにはいつか帰りたい。いつか帰りますよ。向こうがOKだったら」と将来のドルトムントへ
    の復帰を示唆。これにドイツなど海外メディアが反応した。

     独ビルト紙電子版は「ドイツに戻りたい」とのタイトルで、香川のこのコメントを紹介。「現在チームの
    中盤には必要とは思えないが、チャンスがあればドルトムントは獲得に動くだろう」と解説までしている。

     もちろん香川は「いつか」と前置きしており、今すぐに移籍したいという話ではない。まずはモイーズ
    監督に代わった新生マンUで結果を出すことが何よりだとインタビューでも語っている。

     ただ欧州最初のクラブであり、自身をスターへと導いてくれたドルトムントの存在が香川の中で大き
    いことも確かだ。

     ファンも「ドルトムントにシンジが戻ってきたら? うれしくって泣いちゃうよ」「ドルトムントとつながっ
    ていてくれてうれしい」「シンジは昨シーズンよりもマンUで活躍するだろうから、再来年くらいかな」と
    香川の復帰を夢見ている。それにしても、たったひと言でこの盛り上がり。香川とドルトムントの相思
    相愛ぶりを物語るエピソードといえる。

    Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130722-00000030-tospoweb-socc
    ▽将来的にはドルトムントに戻りたいと明かした香川

    20130722-00000030-tospoweb-000-2-view

    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1374492414/
     
    【香川真司のドルトムント復帰示唆発言にサポーター大喜び 「シンジが戻ってきたら、うれしくって泣いちゃうよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ